2014/06/13 1:01

韓国の首相候補・文昌克氏、慰安婦問題でも「謝罪を受ける必要はない」。この方に是非首相になって貰いたいですね。

《韓国「神の意思」発言の首相候補、慰安婦問題でも「謝罪を受ける必要はない」》

 韓国の次期首相候補に指名された韓国紙、中央日報顧問の文昌克氏が、日本による朝鮮半島の植民地支配と南北分断を「神の意思だ」と話していたことが発覚し大騒ぎになっている問題で、慰安婦問題について文氏が「(同問題は)深く考えなくても、われわれは良い暮らしができるので、謝罪を受ける必要はない」と発言していたことも12日、わかった。同氏の日本への“親近感”が問題視される事態になっている。

 文氏は過去に教会での講演で「怠け者で自立心が足りず他人の世話になることがわが民族のDNA」とも発言。首相就任には国会の公聴会を経る必要があるが世論は急速に悪化、就任できるか不透明な状況になりつつある。野党は「(日本が植民地支配のために設置した)朝鮮総督府の官憲か」などと非難している。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140612/kor14061216170003-n1.htm

(関連)
《韓国、次期首相候補の過去の発言めぐり大騒動 朴大統領の人事はまた失敗か》
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140612/frn1406121534006-n1.htm

事務所よりご案内