2014/06/11 20:04

サウジアラビアの若者が浅草寺の仏像を破壊。戦前から、イスラム教諸国民は、有色人種として白人国家と戦った日本に敬意を持ってくれていました。時代が移り、若いイスラム教徒にとって、日本も只の「偶像崇拝の異教徒」と見做される様になったのでしょうか。今後が心配です。

《浅草寺で仏像壊す、サウジアラビア国籍の慶大院生逮捕 他の寺でも損壊ほのめかす》

 11日午前1時10分ごろ、東京都台東区浅草の浅草寺で、「外国人風の男が仏像を壊している」と警視庁浅草署の交番に連絡があった。同署員が寺の敷地内で、ひびが入るなどした仏像4体を発見。本堂近くにいた男を同署に任意同行して事情を聴いていたところ、仏像を損壊させたことを認めたため、器物損壊容疑で逮捕した。

 逮捕されたのは、サウジアラビア国籍で川崎市幸区南加瀬、慶応大院生、モハマド・アブドゥラ・サード容疑者(31)。「ほかの寺でも仏像を壊した」という趣旨の供述をしているといい、同署が確認を進めている。

 逮捕容疑は11日未明、浅草寺で石製の地像菩薩3体と、銅製の観音菩薩1体を壊したとしている。

 同署によると、被害にあった仏像は扉のないほこらの中や、野ざらしの状態で祭られていたという。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140611/crm14061118250017-n1.htm

事務所よりご案内