2014/06/02 2:21

事務所よりご案内



バングラデシュのシェイク・ハシナ首相が、父親の初代大統領ラーマン氏が独立に伴う1972年の国旗制定時に「日本に魅せられ、日の丸のデザインを取り入れた」と述べました。本当に嬉しく誇らしく思います。
これまで一部の左翼は、「バングラデシュ国旗の由来は日の丸と全く関係ない。由来を捏造するバカウヨは恥知らず」等と尤もらしく吹聴していましたが、改めてネットを検索すると出て来ません。どちらが恥知らずか。

《バングラデシュ首相:日の丸参考に国旗…親日アピール》

 来日中のバングラデシュのシェイク・ハシナ首相は27日、東京都内の早稲田大学で講演し、父親で初代大統領などを務めたラーマン氏が、独立に伴う1972年の国旗制定時に「日本に魅せられ、日の丸のデザインを取り入れた」と述べて日本への親近感をアピールした。

 バングラデシュ国旗は日の丸とほぼ同じ柄で、豊かな自然を表す緑の地に、独立のために流した血を示す赤い丸が描かれている。ラーマン氏は「農業国だった日本が工業国に発展したように、バングラデシュも将来は工業国になるべきだ」と話していたという。

 日本とのつながりを強調したハシナ氏は「貧困削減や経済発展には教育が不可欠。日本の援助は喜ばしい」と述べ、友好と経済協力を呼びかけた。
http://mainichi.jp/select/news/20140528k0000m030031000c.html