2014/06/02 1:28

本6月1日、私の地元東京都・中野区長選挙が始まりました。候補者は保革対決となり、維新は自・公・みんなと共に現職田中大輔氏を推薦しています。4期目を目指す田中氏は、多選批判はありますが、破綻寸前であった区財政を、公務員削減はじめ財政カットを断行して立て直し、経済活性化と防災まちづくりを進めています。8日が投票日です。皆様のご支持ご支援をお願い申し上げます。

《東京・中野区の区長選挙告示》

任期満了に伴う東京・中野区の区長選挙が1日、告示され、現職と新人2人の合わせて3人が立候補しました。
中野区長選挙に立候補したのは、届け出順に、いずれも無所属で、▽新人で、民主党と結いの党が推薦する予備校経営の喜治賢次氏(53)。
▽4期目をめざす現職で、自民党、日本維新の会、公明党、みんなの党東京都総支部が推薦する田中大輔氏(62)。
▽新人で、共産党が推薦する弁護士の宮本智氏(66)。
の3人です。
中野区は人口31万人余り。
JR中野駅周辺の再開発や防災対策、それに条例に定められていた区長の多選自粛の規程が現職の区長の提案で削除されたことなどをめぐって、論戦が繰り広げられる見通しです。
中野区長選挙は、今月8日に投票が行われ、翌日9日に開票されます。
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20140601/5236771.html

事務所よりご案内