2014/05/14 7:40

事務所よりご案内



国連海洋法条約上、満潮時に水面下に沈む「暗礁」は、人工的に埋め立てて「人工島」としても、「岩」「島」と認められず、領土権も領海もEEZも認められません。只の「海上基地」です。それであっても南シナ海の安全保障上の脅威ですが、今回埋め立てた暗礁を必ず「島」だと言い出すであろう中国の主張を絶対に認めてはならず、今からその様に警告すべきです。

《中国、南沙で暗礁埋め立て 「基地強化の一環」比警戒》

 2013年2月に撮影された南沙諸島のジョンソン南礁(上)と14年2月に撮影された同礁周辺(下)。大量の砂で埋め立てられている(フィリピン政府提供)

 中国が、南シナ海のスプラトリー(中国名・南沙)諸島で実効支配する暗礁に大量の砂を搬入、埋め立てにより陸地を拡張していることが13日分かった。米フィリピン両軍事筋が共同通信の取材に明らかにした。既に小規模な基地を設置、将来は滑走路の建設も可能だという。フィリピンは「暗礁を島にする異例の動きで基地強化の一環」と警戒している。

 中国は石油掘削作業をめぐりパラセル(中国名・西沙)諸島でベトナムの艦船と衝突を繰り返し、スプラトリーではフィリピンの補給船の妨害を続けるなど強硬姿勢を鮮明にしており、緊張が高まる懸念がある。

 暗礁は、ジョンソン南礁(フィリピン名マビニ礁、中国名・赤瓜礁)。フィリピンが主張する排他的経済水域(EEZ)内にある。ヘリパッドやレーダー施設を備える基地周辺に大型機材を投入して砂を持ち込み、直径300~500メートルの楕円(だえん)形に埋め立てた。

 フィリピン軍によると、今年2月に砂の搬入が確認された。満潮時にはサンゴ礁などが完全に海面下となるが、中国は実効支配を主張するため、基地を設置していた。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140513/chn14051318160004-n1.htm