カテゴリ:facebooklog

01/05/2018 08:09:01 AM

2018/01/05

国連安全保障理事会・北朝鮮制裁委員会専門家パネル元委員、古川勝久氏。 「日本は法整備が遅れている。日本国内の居住者が海外で国連制裁違反を起こしても取り締まる国内法がない。政府内にも、国連制裁に関する責任部門がない。外務省では安保理決議は国連政策課、履行は北東アジア課、国内法整備担当は安全保障政策課が担う事になっているが、ボールを互いに投げあっている。他国に比べ、縦割り行政の弊害、情報公開の壁、法制度の不備など。」 「取締当局は法律がなければ動けない。安保理決議が"ここまでやれ"と言っても、法律が届かない。さらに省庁間の連携が他国と比べてよくない。他国は"オール国連"と"オールフランス政府"みたいな形で協議ができるが、日本では省庁たらい回し、「通訳は国連の方でお願いします」。司法関係の情報公開も遅れている印象。裁判資料を入手するのも大変で、しかも手で書き写さなければならない」。 CIAの分析官も務めていたという専門家パネルの委員は「日本は北朝鮮関係者の巣窟だ」。 ちなみに、古川勝久氏は大学同窓の友人です。 — 《拠点は新橋の雑居ビル「1007号室」 国連制裁の裏で、北朝鮮貿易に暗躍する日本人が!》 2017.12.21 AbemaTIMES  北朝鮮に科せられた国連制裁。しかしその"抜け穴"に日本人が関与しているという事実が明らかになった。  22日発売の『北朝鮮 核の資金源「国連捜査」秘録』(新潮社)でその衝撃の実態を綴ったのは、国連安全保障理事会・北朝鮮制裁委員会の専門家パネル元委員・古川勝久氏。  古川氏が昨年春まで務めていた「専門家パネル」とは、5つの常任理事国と日本・韓国・南半球代表の8人で構成され、安保理決議違反事件を捜査し、安保理や加盟国に改善策を勧告するほか、年次報告書を作成するチームだ。  北朝鮮への制裁にあたって実態調査する過程では、東南アジア諸国と北朝鮮の強い結びつきを感じたという。「専門家パネル」安保理に対し制裁対象を推薦することができるが、逮捕権などはなく、関係国に協力を求め、法的措置を促すなどのアプローチをするしかない側面もあるという。  「『この人は北朝鮮の情報機関の人間で、違反行為がある』と指摘すると、みんな黙ってしまう。例えば最初の頃は協力的だったマレーシアは、色々な情報が出るにつれ、非協力的になった。政治家や軍の元高官などの有力者が北朝鮮との貿易を仕切っているということも見えてきた。北朝鮮は石炭、鉄鋼石、金、天然ウランなどの資源が豊富な国。禁止になってもそれまでのビジネス関係があって続けざるを得ない事情や、アフリカ・中東では北朝鮮の安価な武器が重要。取引は手放せない事情もある。国連制裁によって、直接の取引は止めるけれども、今度は迂回させるようになる。仲介御者がマージンを取るようになるので、北朝鮮にとってコストは高まるが、貿易自体は続けられる仕組みだ」。 ■ 東京・新橋の雑居ビルにある「1007号室」  「元々、北朝鮮との貿易自体はOK。国連制裁はあくまでも核・ミサイルに絡むヒト・モノ・カネに対する『ターゲット制裁』。ところが北朝鮮は合法取引の中に非合法目的の取引を非常に巧みに潜り込ませている。そこに日本製や米国製の市販品も混じっており、それらをベースにして北朝鮮はシステムを作っている」。  古川氏によると、そのような実態を背景に北朝鮮貿易で暗躍する人々の中には、日本人もいるという。東京・新橋の雑居ビルにある「1007号室」がその拠点で、14の香港企業を取り仕切っているという。2013年7月、北朝鮮による武器密輸事件で貨物手配や海外送金などの関係が疑われ、キューバから北朝鮮に航行中に摘発されたパナマの貨物船からは、兵器は分解され砂糖で隠された旧ソ連製の「ミグ21戦闘機」や地対空ミサイルが見つかった。  「私たちが捜査をした結果、兵器密輸の隠蔽指示をしていたのが、貨物船の運行指示を行った北朝鮮最大の船舶企業OMM。このOMMのグローバルネットワークを解明していくと、香港にキーとなるフロント企業があることが分かった。さらに調べていくと、実はその新橋の企業だった。香港の企業登記簿を見ると、日本人の名前が出てきて、連絡先の住所が新橋の駅前の住所になっていた」。  このOMMのネットワークには関連企業が海外に187社、北朝鮮に52社あり、海外協力者は40人、北朝鮮人スタッフが119人いるという。これまでに船舶35隻を所有し、金融、商社、海運業、製造業と幅広く手がけている。外国船に偽装した船がアフリカ、ブラジル、日本、中国、ロシア、ギリシアなど、世界各地にいるのだという。  「私たちは分かる限りのフロント企業を叩きまくり、私が国連を退職する時点で、分かる限りほぼなくなった。しかしその後、新しい資料が出てきて、そこには見たこともない日本居住者の名前が書かれ、中東・南アジアにも拠点が残っているらしいということも分かった。今もまだ世界各国で摘発は続いている。制裁をしたつもりになっているが、実際にはいくらでも抜け道がある。そのルートの一つがシンガポールで、京都府警が先日3名摘発した。その一人が、新橋の企業でかつて取締役だった人物だった」。 ■ 「日本は北朝鮮関係者の巣窟だ」  国連が2006年に初めて制裁の安保理決議を行って以降も、日本からは様々な贅沢品などが輸出され続けてきた。 ・奢侈品不正輸出事件  2008年10月、12月   ピアノ34台、ベンツ4台(約670万円相当)  2008年、09年   中古ノートPC7196台  2009年5月   化粧品673点含む貨物(約270万円相当)  2009年、10年   化粧品含む貨物(約2億4700万円相当)  「北朝鮮の高級デパートなどに行くと、日本や欧米の高級時計や香水、化粧品、日本酒、焼酎など色々なものがある。今年9月の核実験後、厳しい安保理決議ができて安倍首相が"最強の圧力"と言った一方で、岩手県産の醤油や兵庫県産の日本酒などがまとめて北朝鮮に送られ、スーパーに並べられていた」。  こうした実態について古川氏は「日本は法整備が遅れている。日本国内の居住者が海外で国連制裁違反を起こしてもそれを取り締まる国内法がない。政府内にも、国連制裁に関する責任部門がない。外務省で言えば安保理決議は国連政策課、履行は北東アジア課、国内法整備担当は安全保障政策課が担うということになっているが、みんな面倒くさいのでボールをお互いに投げあっている状態が続いているのではないか」と指摘する。他国に比べ、縦割り行政の弊害、情報公開の壁、法制度の不備など様々な課題が解決されないままだというのだ。  「誤解のないように言うと、取締当局の人たちは一生懸命にやっている。ただ法律がなければ彼らも動けない。昔の様々な法律を延長して運用しているので、安保理決議が"ここまでやれ"と言っても、法律が届かない。さらに省庁間の連携が他国と比べてよくない。他国は"オール国連"と"オールフランス政府"みたいな形で協議ができるのだが、日本では省庁をたらい回しにされたり、"通訳は国連の方でお願いします"と言われたりする。また、司法関係の情報公開も遅れている印象だ。裁判資料を入手するのも大変で、しかも手で書き写さなければならない」。  そんな日本の状況に、古川氏の同僚で、かつてCIAの分析官も務めていたという専門家パネルの委員は「日本は北朝鮮関係者の巣窟だ」と話したという。  古川氏も「関与しているのは一握りの方々だが、丁寧に、徹底して法律に基づく執行をしないと、まったく北朝鮮とは関係ない方までもが誤解に基づいた差別を受けてしまう。そうならないためにもより有効な法整備をし、国内では税関、出入国管理などが協力しなければならないし、中国・台湾などとも実務レベルで関係を密にしなければならない」と訴えた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より) https://abematimes.com/posts/3418917 https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/901108810056656

01/04/2018 08:52:07 PM

2018/01/04

「中国の闇」これを見れば今の中国人が理解できる、モラルを失った民 https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/900859780081559

01/04/2018 09:08:04 AM

2018/01/04

フーバー大統領が語る「誰があの戦争を始めたのか」。 — 《草思社 書評案内より》 『裏切られた自由 フーバー大統領が語る第二次世界大戦の隠された歴史とその後遺症 上・下』ハーバート・フーバー著/ジョージ・H・ナッシュ編/渡辺惣樹 訳/草思社  本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~33)が第二次世界大戦の過程を詳細に検証した回顧録です。第二次世界大戦とは何だったのか――。従来の見方とは真っ向から対立する歴史観をもつ本書は長い間、公にされませんでしたが、2011年に米国フーバー研究所から刊行され話題を呼んでいます。さまざまな情報にアクセスできたアメリカの政治指導者が、20年の歳月をかけて完成させた第一級の史料です。 ◇『裏切られた自由』より引用◇ 《本書では1941年以前の対日関係を詳しく記すことを目的としていない。しかし、我が国が戦争に突入することになった直接の原因に日本がなっている以上、真珠湾攻撃に至るまでの経緯を書かないわけにはいかない。アメリカ政府は(対日交渉の経緯を)国民に隠していた。そしてその後の教育でも、何があったかの歴史の真実を教えていない。だからこそ、対日交渉の経緯はしっかりと書いておかなくてはならない。》 《ナチス理解に役立ったのは、ヒトラーの右腕である陸軍元帥ヘルマン・ゲーリングとの会見である。……ゲーリングは私にチェコスロバキアの地図を示して、この形が何かに似ていないかと尋ねた。何も思い浮かばないでいるとゲーリングは、「ドイツに突きつけられた矢尻だ。我がドイツの体に突き刺さっている」と説明した。》 《いま(開戦時)二人の独裁者――ヒトラーとスターリンが死闘を繰り広げている。二人はイデオロギーに凝り固まった夢想家であり、兄弟のようなものである。……我が国(アメリカ)は防衛力をしっかりと整備し、両者の消耗を待つべきである。……我が国の掲げる理想にもかかわらずスターリンと組むことは、ヒトラーと同盟を組むことと同じであって、アメリカ的理念への叛逆である。》 《国民も議会も我が国(アメリカ)の参戦に強く反対であった。したがって、大勢をひっくり返して参戦を可能にするのは、ドイツあるいは日本による我が国への明白な反米行為だけであった。ワシントンの政権上層部にも同じように考える者がいた。彼らは事態をその方向に進めようとした。つまり我が国を攻撃させるように仕向けることを狙ったのである。》 《ハルは自身の回顧録の中で、ここ(本書)で記した日本政府との交渉の模様をほとんど書いていない。そして交渉についてはただ否定的に書いている。……その文章には真実がほとんど書かれていない。》 《近衛(首相)の失脚は二十世紀最大の悲劇の一つとなった。彼が日本の軍国主義者の動きを何とか牽制しようとしていたことは称賛に値する。彼は何とか和平を実現したいと願い、そのためには自身の命を犠牲にすることも厭わなかったのである。》 《ルーズベルト氏は「非帝国化構想」を持っていた。彼の標的はドイツ、イタリア、日本だけではなかった。彼はイギリス、フランス、オランダの非帝国化を目論んでいた。そうでありながら、彼の構想には一か国だけ例外があった。巨大できわめて攻撃的な帝国ソビエトであった。》 《あの(第一次世界大戦・戦後の)経験を踏まえればわかるように、アメリカには26もの民族がいるヨーロッパにも、それ以外の地域にも、自由や理想を力で押しつけることはできない。(そうしたことができると思うのは)狐火を見るようなものだ。そんな怪しい理想の実現のために再び若者の命を犠牲にしてはならない。》 《私は、日本との戦いは狂人[ルーズベルト]が望んだものだと言うと、彼[マッカーサー]はそれに同意した。》 《日本に対して原爆を使用した事実は、アメリカの理性を混乱させている。……原爆使用を正当化しようとする試みは何度もなされた。しかし、軍事関係者も政治家も、戦争を終結させるのに原爆を使用する必要はなかったと述べている。》 《本書執筆にあたって役立ったのは、収集した多くの資料である。第一次世界大戦が勃発した頃、フーバー研究所図書館(スタンフォード大学内)を発足させた。現在は250万点以上の貴重な文書、講演録、書籍、日記、パンフレット、会見記録、各国語による条約文書を所蔵している。……本書の準備に20年以上を費やしたが、各国語で書かれた文書を入念にチェックする必要があった。》 ハーバート・フーバー(Herbert Hoover) 1874年アイオワ生まれ。スタンフォード大学卒業後、鉱山事業で成功をおさめ、ハーディング大統領、クーリッジ大統領の下で商務長官を歴任、1929年~1933年米国大統領(第31代)。人道主義者として知られ、母校スタンフォードにフーバー研究所を創設。1964年死去。 ジョージ・H・ナッシュ(George H. Nash) 歴史家。ハーバード大学で歴史学博士号取得。2008年リチャード・M・ウィーヴァー賞受賞(学術論文部門)。フーバー研究の第一人者として知られる。著者に“Herbert Hoover and Stanford University”他。 渡辺惣樹(わたなべ・そうき) 日本近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。著書に『日本開国』『日米衝突の根源1858-1908』『日米衝突の萌芽1898-1918』(第22回山本七平賞奨励賞受賞)『朝鮮開国と日清戦争』『アメリカの対日政策を読み解く』など。訳書にマックファーレン『日本1852』、マックウィリアムス『日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944』など。 http://www.soshisha.com/book_wadai/43freedom/index.html — 《草思社 書評案内より》 『誰が第二次世界大戦を起こしたのか: フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く』渡辺惣樹 著/草思社  本書は、第31代アメリカ大統領ハーバート・フーバー(任期1929~1933)の大著『裏切られた自由』を翻訳した渡辺惣樹氏が、同書の読みどころを紹介しながら、新解釈の「第二次世界大戦史」を提示する本です。『裏切られた自由』はフーバーが20年の歳月をかけて第二次世界大戦の経緯を詳細に検証した記念碑的な歴史書で、日本語版の上巻が本書と同時に刊行されました。この大著を翻訳した著者・渡辺氏は北米在住、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作群が高く評価されている近現代史研究家です。2013年に小社より刊行された『日米衝突の萌芽1898-1918』で第22回山本七平賞奨励賞を受賞しています。  アメリカが全体主義国と戦った「正義の戦争」という従来の大戦史観とはまったく異なる視点から第二次世界大戦を記述したフーバー元大統領ですが、渡辺氏は「フーバーは自身の感情を抑え、可能なかぎり『資料に語らせる』ことを心掛けて『裏切られた自由』を書き上げた」と書いています。世界各国の政治指導者、また軍関係者とも直接やりとりできる立場にいたフーバーの記録は第一級の史料と呼ぶにふさわしい価値があります。本書はその『裏切られた自由』をより深く理解するための格好の解説書であり、同時に、同書の克明な記録をもとに「始まりも終わりも腑に落ちないことばかり」(本書より)だった第二次世界大戦の謎に迫る意欲作でもあります。  第二次世界大戦をめぐる数々の疑問、たとえば、なぜあのタイミング(1939年9月)で大戦が始まったのか、なぜアメリカは恐怖政治の首魁スターリンと手を結んだのか、なぜ日本側の必死の対米和平交渉は実らなかったのか、そして、二度目の世界大戦という悲劇的な事態を招いた最大の責任は誰のどのような意思決定にあったのか――。こうした疑問に本書は明快な答えを出しています。その答えは、ぜひ本書および『裏切られた自由』をお読みいただきたいのですが、間違いなく言えるのは、フーバーの提示した論点に触れずして第二次世界大戦を語ることはもはやできない、ということです。これまでの歴史認識にラディカルな変更を迫る一冊です。 (担当/碇) 渡辺惣樹(わたなべ・そうき) 日本近現代史研究家。北米在住。1954年静岡県下田市出身。77年東京大学経済学部卒業。30年にわたり米国・カナダでビジネスに従事。米英史料を広く渉猟し、日本開国以来の日米関係を新たな視点でとらえた著作が高く評価される。著書に『日本開国』『日米衝突の根源1858-1908』『日米衝突の萌芽1898-1918』(第22回山本七平賞奨励賞受賞)『朝鮮開国と日清戦争』『アメリカの対日政策を読み解く』など。訳書にマックファーレン『日本1852』、マックウィリアムス『日米開戦の人種的側面 アメリカの反省1944』など。 http://www.soshisha.com/book_wadai/books/2277.html https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/900619390105598

01/03/2018 09:54:35 PM

2018/01/03

この二階氏の考え方は間違っている。 「いちいち反発しては物事は成り立たない」ならば、中韓のみならず、世界の各国はなぜ、自国の国益を侵害された時に、いちいち反発して抗議し、場合によっては制裁や対抗措置を行うのか。そうしなければ、成り立たせるべき物事が成り立たないからだ。 この二階氏の思考法は、日本の社会でしか通用しない内輪の思考法を世界にも通用すると勘違いしている、典型的なドメスティック人間が陥っている失敗の発想法であり、我が国の外交が失敗し続けている基本的原因でもある。彼は、成り立たせるべき物事とは何なのか、中韓はじめ諸外国の思考と行動から少し謙虚に学ぶ必要がある。 日本の国家と国民の幸福の為に、多くの場合外国との友好関係を構築する事が必要なのであり、外国との友好の為に日本の国家と国民が存在している訳ではない。 — 《二階氏「いちいち反発、成り立たない」…慰安婦》 2017.12.30 読売新聞  【北京=工藤淳】中国を訪問している自民党の二階幹事長は29日、慰安婦問題を巡る日韓合意に「重大な欠陥」があったとする文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の声明について「(日本が)いちいち反発しては物事は成り立たない」と述べ、日本政府に冷静な対応を求めた。  北京市内で同行記者団の質問に答えた。  二階氏は「相手の立場を考えて理解するぐらいの大きな腹構えが(日本側に)なければ、近隣国と円満に進めることは難しい」とも主張した。  2015年末の日韓合意は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認している。日本政府は文政権の対応を強く非難しており、再交渉には応じない方針だ。 http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171230-OYT1T50021.html https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/900360640131473

01/03/2018 06:48:13 PM

2018/01/03

事務所よりご案内