10/26/2017 11:20:26 PM

日中戦争(支那事変)の南京占領時、戦闘はありましたが、日本軍の民間人虐殺などありませんでした。

しかし、中国人移民が増えた国や地域では、政治力で史実を捻じ曲げる工作が起き、我が国を貶める偏見と憎悪が広がります。

日本でも、中国人移民が増えれば、必ずこの工作が始まります。それに迎合・扇動するのが、共産党、社民党、立憲民主党などの売国左翼政治家達です。

《【歴史戦】カナダ・オンタリオ州で「南京大虐殺記念日」制定の動議可決》
2017.10.27 産経新聞

 【ニューヨーク=上塚真由】カナダ東部のオンタリオ州議会は26日、旧日本軍が1937(昭和12)年に中国・南京を占領した12月13日を「南京大虐殺記念日」と定める動議について審議し、可決した。中国系の議員が主導し、州議会では制定の意義を強調する意見表明が相次いだ。中国系人口が多い同州で、記念日制定を受けて反日運動などが高まる可能性もある。

 南京大虐殺記念日の制定をめぐっては昨年12月、中国系のスー・ウォン議員が法案を提出。しかし、現地で反対運動が起こるなどして採決には至っていない。ウォン氏は法案を取り下げないまま今回、法的拘束力のない動議に切り替えて提案し、26日に投票を経ずに可決された。

 動議では、12月13日を記念日として定めることで、「オンタリオ州議会は、南京大虐殺の20万人を超える犠牲者を認めて追悼し、遺族に敬意を表すとともに、南京大虐殺やほかのアジアで起きた第二次大戦の残虐行為についても理解を深めるべきだ」などと明記した。

 ウォン氏は議会演説で、「南京大虐殺では占領下で何万人もの女性が性的暴行を受けた。アジアで起きた残虐行為は歴史の授業でめったに取り上げられないが、(制定によって)若い世代に学ぶ機会を与えることができる」と意義を訴えた。他の議員からも、「日本の右派は大虐殺が起きていないと主張しているが、世界中に真実を理解させることが重要だ」などと動議に賛同する意見が相次いだ。

 衛藤征士郎元衆院副議長ら自民党の複数の有志議員は今年6月、記念日制定の動きについて懸念を伝える意見書を州議会に送付していた。

http://www.sankei.com/world/news/171027/wor1710270027-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/862535683913969

事務所よりご案内