05/06/2017 05:27:04 AM

本当に、育児負担の軽減を国の政策の最重要事項と位置付け、欧州諸国並みの財政支出に引き上げる必要があります。

《子どもの割合 43年連続減少で12.4%》
2017.05.04 日本テレビ

 5日は「こどもの日」だが、日本の人口に占める15歳未満の子どもの割合は43年連続で減り続け、12.4%となった。

 総務省統計局が取りまとめた4月1日時点の人口推計によると、日本の15歳未満の子どもは去年よりも17万人減り1571万人となった。子どもの割合は43年連続で減り続けている。

 1950年には全人口の3分の1を超えていたが、1965年には、約4分の1になり、1993年には約6分の1になった。今年は去年より0.1ポイント低い12.4%で、8分の1を切った。

 都道府県別でみると、2016年10月1日時点で子どもの割合が高いのは沖縄県17.2%、滋賀県14.3%、佐賀県13.8%。低いのは秋田県10.3%、北海道11.2%、青森県11.2%だった。

http://www.news24.jp/articles/2017/05/04/04360648.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/photos/a.188901204610757/772923789541826/?type=3

事務所よりご案内