09/07/2016 05:37:38 AM

二重国籍を持つ者が政府の要職に就き、例えば防衛予算の事業仕分け等を行う事が起きてはなりません。
国家の安全保障、国民の生命と財産の安全が死活的に損なわれる惧れがあります。

外交官のみならず、国会議員を含む公務員の二重国籍保持を禁ずる法改正が必要だと考えます。

《インドネシア、エネルギー相を解任 二重国籍の疑いで》
2016.08.16 ロイター

[ジャカルタ 15日 ロイター]インドネシアのプラティクノ国家官房長官は15日、ジョコ大統領がタハル・エネルギー鉱物資源相を解任したと発表した。

タハル氏がインドネシアと米国との二重国籍を持っていると報じられていたことに対処する措置という。インドネシアでは成人の二重国籍保持は禁じられている。

タハル氏は7月の内閣改造で同職に就任したばかりで、3週間足らずでの解任となった。

ルフット・パンジャイタン調整相が今後、暫定的にエネルギー鉱物資源相を兼任する。

写真:タハル氏。8日撮影(2016年 ロイター/ANTARA FOTO)

http://jp.reuters.com/article/indonesia-politics-idJPKCN10Q28S

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/photos/a.188901204610757/638354546332085/?type=3

事務所よりご案内