09/06/2016 07:21:55 AM

「30年前のことでもあり、今のところ、確認できていない」「改めて本日、台湾の駐日代表処に対し、台湾籍を放棄する書類を提出しました」

30年間、問題を指摘されるまで自らの国籍について確認もせず、国政選挙に出て国会議員となり大臣まで務めた蓮舫氏。他人には極めて厳しいが、自分には極めて甘い事はよく分かりました。他人が同じ事をした場合、この方は何と言うのでしょうか。

国家と国籍についてこの様な認識と行動の方に、国会議員の資質はないと私は考えます。

《【民進党代表選】「二重国籍」問題に関する蓮舫代表代行事務所による回答文(全文)》
2016.09.06 産経新聞

 民進党の蓮舫代表代行の事務所は6日夜、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑をめぐり、台湾籍を放棄した時期について、産経新聞の取材に「30年前のことでもあり、今のところ、確認できていない」とする回答文を寄せた。全文は次の通り。

 国連の女子差別撤廃条約の締結を控えて改正国籍法が施行(昭和60年1月1日)された直後の昭和60年1月21日、17歳の時に日本国籍を取得しました。日本法の下で適正な手続きを行い、日本国籍を取得しています。あわせて台湾籍の放棄の宣言をしています。

 台湾法において、台湾に籍があるのかというご指摘がありました。

 このため、確認を行いましたが、いかんせん30年前のことでもあり、今のところ、確認できていません。

 今後も確認作業は行いたいと思いますが、念のため、改めて本日、台湾の駐日代表処に対し、台湾籍を放棄する書類を提出しました。

平成28年9月6日

蓮舫事務所

http://www.sankei.com/politics/news/160906/plt1609060038-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/637878186379721

事務所よりご案内