01/16/2016 11:27:43 AM

国内の少数民族を抹殺し、我が国を含む近隣諸国に侵略を進め、世界に覇を唱える為の軍事力増大にしか使われない共産党独裁中国の経済力を支える為の日中通貨スワップ、再開するべきではありません。

《日銀・中国人民銀、通貨スワップで交渉=関係筋》
2016.01.12 ロイター

[東京 12日 ロイター] – 日銀と中国人民銀行が、通貨スワップ協定の締結に向けて交渉していることが明らかになった。

今回の交渉は、どちらの国から提案したか今のところ不明だが、米利上げを背景とした人民元の急落など為替市場が不安定化するなか、中国市場で活動する邦銀や、円資金を必要とする中国企業などに対し、セーフティネットの機能を提供する意義があるとみられている。

有事に日本円と人民元を交換する通貨スワップは2002年3月、アジア通貨危機に対応する形で構想された「チェンマイ・イニシアティブ」の一環としてスタート。安倍晋三政権下の日中関係悪化を背景に、2013年9月に期限を迎えた後は更新されていなかった。

(竹本能文 編集:田巻一彦)

http://jp.reuters.com/article/idJPL3N14W40120160112国内

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/537241686443372

事務所よりご案内