01/14/2016 08:25:11 PM

昨夕から、慰安婦合意に関して嫌な流れが起きています。まるで日韓合意以降は、慰安婦について歴史的事実の検証・研究やそれにより判明した事実について言及する事を封殺するかの様に悪用されかねない流れです。

櫻田義孝元文部科学副大臣が、慰安婦が「合法の職業としての売春婦であった」旨述べたのならば、それは歴史的事実であり、圧力を受けたのでしょうが撤回されるべきではありませんでした。

政府は同発言を否定的に取り扱うべきではなく、「歴史の検証や研究は常に必要だが、合意を誠実に履行する政府の立場は変わらない」と表明すべきでした。

そして、韓国外務省報道官の「日本の帝国主義膨張の過程で、強制連行された女性を対象に広範囲に行われた戦時の性暴力であり重大な人権侵害で、国際社会の共通認識だ」という発言については、「その様な国際社会の共通認識はない」と明確に否定しなければ、その誤った認識を日本政府が認めているとの誤解がまた国際社会に広まる事になります。

《自民・桜田氏 慰安婦は「売春婦」 政府・自民が不快感「日韓合意踏まえ発言を」》
2016.01.15 産経新聞

 日韓議員連盟会長を務める自民党の額賀福志郎元財務相は記者団に「日韓で暖かい風が吹き始めているときに、何が一番大切か考えてほしい。信じられない」と不快感を表明した。日韓親善協会会長の河村建夫元官房長官(自民)も記者団に「理解に苦しむ」と述べた。岸田文雄外相は記者団に「日本政府の立場は変わらない」と述べ、日韓合意を誠実に履行する考えを重ねて強調した。

http://www.sankei.com/politics/news/160114/plt1601140048-n2.html

《韓国外務省、桜田氏を強く非難 「戦時性暴力は共通認識」》
2016.01.14 産経新聞

 自民党の桜田義孝元文部科学副大臣が慰安婦について「職業としての売春婦」と発言したことに対し、韓国外務省報道官は14日の定例記者会見で、慰安婦問題は「日本の帝国主義膨張の過程で、強制連行された女性を対象に広範囲に行われた戦時の性暴力であり重大な人権侵害で、国際社会の共通認識だ」と強く非難した。

 報道官は昨年末の日韓合意に基づく措置について「円満で着実に進める雰囲気と環境づくりが大事だ」と述べ、日本側に発言の自制を求めた。

 また「歴史の前で恥も知らない国会議員の無知蒙昧な妄言に、いちいち言い返す価値も感じない」と不快感も示した。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160114/wor1601140037-n1.html

《自民 櫻田氏 「慰安婦は仕事」発言を撤回》
2016.01.14 NHK

自民党の櫻田義孝元文部科学副大臣は党の外交部会などの合同会議で、慰安婦問題について「職業としての仕事をしていたんだ。犠牲者のような宣伝工作に惑わされすぎている」などと述べました。このあと、櫻田氏は「発言には誤解を招くところがあった」として、発言を撤回しました。

出席者によりますと、合同会議の中で、自民党の櫻田元文部科学副大臣は慰安婦問題について、「職業としてのしょう婦、ビジネスだ。犠牲者のような宣伝工作に惑わされすぎている。仕事をしていたんだ」などと述べました。このあと、櫻田氏は「発言には誤解を招くところがあったので、撤回させていただく。ご迷惑をおかけした関係者の皆様に心よりおわび申し上げる」とするコメントを発表しました。

櫻田氏の発言を受けて、自民党の佐藤国会対策委員長は、国会内で公明党の井上幹事長に「お騒がせして申し訳ありません」と陳謝しました。

菅官房長官は午後の記者会見で、「議員一人一人の発言について、政府としてコメントは控えたい。ただ、政治家は、みずからの発言についてみずからが説明責任を果たすことが必要だ。発言そのものを封じることはできないが、政府の考え方、党の考え方も決まっているなかで、自民党員、現職の国会議員であれば、そうしたことを踏まえて発言してほしい」と述べました。そのうえで、菅官房長官は「大事なのは、日韓両国が、まさに最終的に不可逆的に解決を確認したことを誠実に実行に移していくことだ」と述べました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160114/k10010371401000.html

《「慰安婦は『売春婦』」発言の自民・桜田氏「発言を撤回」》
2016.01.14 産経新聞

 自民党の桜田義孝行政改革推進本部長は14日、同日の外交部会などの会合での「慰安婦は『売春婦』」とする発言を撤回するとのコメントを出した。

 コメントの全文は次の通り。

 本日開催された、「党外交・経済連携本部・国際情報検討委員会合同会議」での、いわゆる慰安婦にかかわる私の発言につきまして、誤解を招く所がありましたので、発言を撤回させていただきます。ご迷惑をおかけしました関係者の皆様に、心よりおわびいたします。

http://www.sankei.com/politics/news/160114/plt1601140017-n1.html

《慰安婦は「職業としての売春婦。宣伝工作に惑わされすぎ」 自民議員、党会合で発言》
2016.01.14 産経新聞

 自民党本部で14日開かれた外交・経済連携本部などの合同会議で、同党の男性議員が慰安婦について「職業としての売春婦だった。それを犠牲者だったかのようにしている宣伝工作に惑わされすぎだ」と発言した。日韓両政府は昨年12月末、慰安婦問題に関し、日本が軍の関与や政府の責任を認める内容で合意している。

 自民党議員は14日の会議で、売春防止法が戦後に施行されるまで売春は仕事だったとして「売春婦だったということを遠慮して(言わないから)、間違ったことが日本や韓国でも広まっているのではないか」と述べた。

 合同会議には議員約10人が出席。「南京大虐殺」に関する中国の資料が世界記憶遺産に登録されたことをめぐり、日本政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)に求めている制度改善などについて外務省幹部が説明していた。

 男性議員は、ユネスコに対する日本の拠出金を減らすべきだと主張した後、慰安婦問題に言及した。

 一方、菅義偉官房長官は同日の記者会見で、自民党の男性議員の発言に関し「いちいち議員の発言に答えるべきではない。昨年に日韓両外相が合意したことに尽きる」と述べた。

http://www.sankei.com/politics/news/160114/plt1601140008-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/536600566507484

事務所よりご案内