2015/11/20 19:21

11月10日に投稿した、中国企業が豪州で韓国の面積に匹敵する大牧場の購入を目論んだ件、豪財務相は安全保障の観点から認めず。
我が国も同じ措置を取れる法整備が必要です。

《豪政府“爆買い”阻止 中国企業への巨大牧場売却を認めず》
2015.11.19 ZAKZAK

 オーストラリアのモリソン財務相は19日、牧場経営会社「S・キッドマン」から外国企業への巨大牧場売却を認めないと明らかにした。中国企業が3億豪ドル(約265億円)以上を提示したと報じられたが、モリソン氏は「国益に反する」と判断した。

 「S・キッドマン」が国内各地に所有する土地面積は計約10万平方キロに上り、韓国の国土面積に匹敵。規模の大きさから安全保障上の懸念が浮上し、9月に発足したターンブル政権の対応が注目されていた。

 モリソン氏は、このうちサウスオーストラリア州のアナクリーク牧場の半分が、軍事的に重要な兵器実験場周辺の立ち入り制限区域内に位置することを指摘した。(共同)

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20151119/ecn1511191531012-n1.htm

事務所よりご案内