2015/11/10 5:52

中国企業が豪州で韓国の面積に匹敵する大牧場を購入か。海外の資産を買い漁る中国。経済が崩壊して元が暴落する前に、目減りしない海外の現物に換えておこう、という事か。中国の土地は国有で買えないのに、おかしい。

《中国企業に大牧場売却か=広さは韓国に匹敵、警戒論も-豪》
2015.11.09 時事通信

 【シドニー時事】オーストラリアの牧場運営会社S・キッドマンによる大規模な牧場売却交渉が大詰めを迎えている。9日付の豪紙によると、交渉相手は中国の上海鵬欣集団に絞り込まれた。韓国(約10万平方キロ)に匹敵する総面積がある牧場が、中国企業の私有地になる可能性が高まった。

 対象は「世界最大牧場」を含む複数の牧場で、一部は基地にも近い。3億5000万豪ドル(約300億円)近くで交渉中という。生活水準向上や一人っ子政策廃止で、中国では牛肉消費の拡大が予想される。豪州産牛肉の対中輸出急増を見込み、中国企業による牧場買収意欲が強まった。
 売却には豪政府の承認が必要になる。9月に就任したターンブル首相は「中国との経済関係強化を重視する実利派」(専門家)。一方で政府内には、海洋進出を強める中国への警戒論が根強く、今回の売却に安全保障上のリスクを指摘する声もある。新政権の対応が注目を集めそうだ。

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201511%2F2015110900561

事務所よりご案内