2015/06/16 0:52

《縮小はしたが…まだ年換算で8兆円の需要不足》
2015.06.15 読売新聞

 内閣府は15日、日本経済の需要が供給力をどれくらい上回っているかを示す「国内総生産(GDP)ギャップ」(需給ギャップ)の推計値が、2015年1~3月期はマイナス1・6%になったと発表した。

 14年10~12月期のマイナス2・4%からマイナス幅が縮小した。金額にすると年換算で8兆円程度の需要不足となる。

 1~3月期の実質GDP改定値の前期比伸び率が年率換算で3・9%増となり、需要不足が縮小した。

 GDPギャップは、マイナス幅が大きいほど需要が不足していることを意味する。

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150615-OYT1T50056.html

事務所よりご案内