2015/02/25 16:31

事務所よりご案内



《わずか5分の区間が混雑緩和の切り札に 3月14日開業「上野東京ライン」で試運転》
2015.02.24 産経新聞

 JR東日本は24日、3月14日に開業する「上野東京ライン」の新線区間の試運転の様子を報道陣に公開した。上野が終点の常磐、東北(宇都宮)、高崎各線が、開業後は東海道線に直接乗り入れるようになって利便性が向上する。首都圏で朝の通勤時間帯に最も混み合う上野-御徒町間の混雑緩和が期待されている。

 上野東京ラインは、上野-東京間に新設した「東北縦貫線」(約3・8キロ)を通る。

 東京駅を出発した試運転の電車は、右に新幹線、左に山手線などの在来線を見ながら北へ。首都高速道路の高架をくぐったり、急勾配を上ったりしながら、上野駅に5分ほどで着いた。

 神田駅周辺の約600メートルの区間は、新幹線高架の上に新たに高架を設置。最も高い地点は約20メートルあり、この日は薄曇りだったが、先頭車両からは遠くのビルまで見通すことができた。

写真:「上野東京ライン」の新線区間を走行する試運転の車両。左は東北新幹線=24日午前、東京都千代田区

http://www.sankei.com/economy/news/150224/ecn1502240039-n1.html