2014/12/30 5:22

朗報です。「大企業優遇だ」「格差が拡大する」と言う輩もいるのでしょうが。

《上場企業倒産24年ぶりゼロに 資金繰り改善》
2014.12.29 産経新聞

 国内に上場する企業の倒産が平成26年はゼロになる見通しとなったことが、帝国データバンクの調べで29日分かった。ゼロになれば2年以来、24年ぶり。アベノミクスによる株高で、保有株式の価格が上昇して資金繰りが改善したことや、銀行の貸し出し姿勢が好転したことが寄与した。

 中小企業を含む全体の倒産件数も、26年1~11月でみると前年の同じ期間に比べ約1割減の約8500件と減少傾向となった。ただ、そのうち円安を理由とした倒産は301件と過去最多となり、アベノミクスの副作用も示した格好だ。

 帝国データによると、大企業を中心とした上場企業は株価上昇の恩恵を受け、手元資金を積み増していることから、倒産リスクが減っているという。金融機関が積極的な貸し出しを進めていることや、経営再建に向けた環境整備が進んでいることも貢献した。

 上場企業の倒産は、リーマン・ショックがあった20年に33社となって以降、減少傾向が続いている。24年は半導体大手のエルピーダメモリなど6件、25年はゲーム会社のインデックスなど3件だった。ことしは12月28日時点で倒産は発生しておらず「このままで推移すれば、件数はゼロで終わる見通し」(帝国データ)だ。

 直近の上場企業の倒産は25年8月で、26年12月までゼロが続けば16カ月連続となる見込み。帝国データによると、ゼロの期間がもっとも長かったのは昭和61年9月から平成3年7月までの59カ月で、今回は調査開始以来、2番目の長さとなっている。

 一方、全体の倒産件数の大半を占めるのが、地方を中心とした従業員300人以下の中小企業だ。円安による輸入原材料費の高騰や、人件費の上昇が重荷となっている。

http://www.sankei.com/economy/news/141229/ecn1412290013-n1.html

事務所よりご案内