2014/10/13 3:50

《【香港民主化デモ】「違法行為」から「動乱」へ 中国共産党機関紙が表現を“格上げ” 天安門事件を想起》
2014.10.11 産経新聞

 【香港=河崎真澄】大規模デモが続く香港で10日夜、政府が民主派との対話を中止したことへの抗議集会が開かれ、学生団体によると約10万人が参加した。大規模デモが起きてから11日で2週間。デモの長期化を受け、11日付の中国共産党機関紙、人民日報(海外版)が外部執筆者による1面コラムの中で、占拠による抗議を初めて「動乱」と表現、非難のトーンを強めた。これまでは「違法行為」などとしていた。

 1989年6月の天安門事件まで想起させる「動乱」という認識が中国共産党政権内部で広がり、香港警察の対応可能な範囲を超えたと判断されれば、武力行使など強硬措置に踏み切る可能性もありそうだ。

 梁振英行政長官や香港政府ナンバー2の林鄭月娥政務官らは、11~13日に中国広東省で開かれる経済フォーラム出席のため相次ぎ広州入り。会期中に中国高官と接触し、収拾策を協議するもようだ。
http://www.sankei.com/world/news/141011/wor1410110038-n1.html

事務所よりご案内