2014/08/28 7:54

中国全人代常務委、香港行政長官選挙制度について、民主派の立候補が事実上不可能となる資格制限を決定と。普通選挙を求めてきた民主派の抗議活動は必至。民主派に頑張ってほしいと思います。

《香港行政長官選、立候補資格制限を決定か 地元メディア》
2014.08.28 産経新聞
 香港メディアは27日、2017年に行われる行政長官選挙の制度改革に関し、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会が立候補資格を制限することを決定したと報じた。31日に正式に発表される見通し。

 香港民主派は、一定数の市民からの支持があれば誰でも出馬できる「市民指名」制度を求めており、報道が事実であれば香港のビジネス中心街「セントラル(中環)」で、民主派の街頭占拠などの抗議活動が行われることになりそうだ。

 香港メディアによると、常務委は、香港の憲法に当たる「香港基本法」にのっとって今後発足する「指名委員会」メンバーの半数以上の支持を得た人だけが立候補できる制度にすることを決めたという。指名委員会は親中派が多数を占めることは確実で、民主派の立候補は事実上不可能になる。(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140828/chn14082801000002-n1.htm

事務所よりご案内