2014/08/05 13:56

朝日新聞が、本5日と明6日、「慰安婦特集」。16回以上報じてきた吉田清治の「慰安婦を強制連行した」との捏造証言の報道と、執拗に繰り返した慰安婦と挺身隊を混同した報道を、虚偽と認めました。
慰安婦と挺身隊の違いなど私でも高校生の時から知っていた戦時動員体制の常識ですが、「当時は研究が進んでいなかった」と。国連をはじめ世界中に与えた甚大な悪影響についての反省はありません。

また、自称「元慰安婦」の経歴や証言の矛盾をはじめ、他の様々な捏造歪曲偏向報道については、虚偽と真実の黙殺、弁解、朝鮮人の行為の日本人への転嫁、個人の犯罪の国家への転嫁、例外の一般化、議論のすり替え等で対処し、引き続き訂正と謝罪、報道姿勢の変更はしない様です。朝日新聞を買うのはやめましょう。

《朝日新聞、慰安婦問題で一部反省 吉田証言「虚偽と判断し記事取り消します」》
2014.08.05 産経新聞

 朝日新聞は5日付朝刊1面と16~17面で慰安婦問題の特集を組んだ。1面記事では「私たちは元慰安婦の証言や数少ない資料をもとに記事を書き続けました。そうして報じた記事の一部に、事実関係の誤りがあったことが分かりました。問題の全体像がわからない段階で起きた誤りですが、裏付け取材が不十分だった点は反省します」と書き、これまでの慰安婦報道での誤報を一部認めた。

 朝日が16回も取り上げた自称・元山口県労務報国会下関支部動員部長、吉田清治氏の「慰安婦を強制連行した」との証言については「虚偽だと判断し、記事を取り消します」とした。

 また、もともと関係のない慰安婦と工場などに動員された女子挺身隊とを繰り返し混同した記事を掲載したことに関しては、「当時は、慰安婦問題に関する研究が進んでおらず、記者が参考にした資料などにも慰安婦と挺身隊の混同がみられたことから、誤用しました」と間違いを認めた。

 一方、元韓国人慰安婦、金学順氏の証言記事で、「『女子挺身隊』の名で戦場に連行」などと実際の金氏の経験と異なる内容を書き、慰安婦問題に火をつけた植村隆記者(今年3月退社)に関しては「意図的な事実のねじ曲げなどはありません」と擁護した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140805/plc14080510230007-n1.htm

(関連)
《慰安婦問題を考える》
2014.08.05 朝日新聞(以下同)
http://www.asahi.com/topics/ianfumondaiwokangaeru/

《慰安婦問題の本質 直視を》
http://www.asahi.com/articles/ASG7X6753G7XUTIL053.html

《慰安婦問題とは》
http://www.asahi.com/articles/ASG7L5HWKG7LUTIL03L.html

《強制連行 自由を奪われた強制性あった》
http://www.asahi.com/articles/ASG7M03C6G7LUTIL06B.html

《「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断》
http://www.asahi.com/articles/ASG7L71S2G7LUTIL05N.html

《「軍関与示す資料」 本紙報道前に政府も存在把握》
http://www.asahi.com/articles/ASG7L5Q40G7LUTIL045.html

《「挺身隊」との混同 当時は研究が乏しく同一視》
http://www.asahi.com/articles/ASG7M01HKG7LUTIL067.html

《「元慰安婦 初の証言」 記事に事実のねじ曲げない》
http://www.asahi.com/articles/ASG7L6VT5G7LUTIL05M.html

《他紙の報道は》
http://www.asahi.com/articles/ASG7L7GGWG7LUTIL05Y.html

《朝日新聞:慰安婦報道を検証 「強制連行」証言取り消す》
2014.08.05 毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140805k0000e040202000c.html

事務所よりご案内