2014/04/09 0:33

17世紀、日本が鎖国などしなければ、日本人は世界に雄飛し、世界史は根底から変わっていただろうと私は確信しています。当然、日本人は豪州に英国人より先に到達していたはずで、カンガルーが跳ねる原野の隣で、田植えをする農民の歌声が響いていたかもしれません。

《オーストラリアを発見した日本人》

 英国の探検家、キャプテン・クックは、1770年に現在のシドニーに上陸する。オーストラリア大陸が、世界史に登場した瞬間だった。

 ところが、それより150年も前に、日本人が上陸していた可能性がある。江戸時代初期に日本を離れ、タイで活躍していた山田長政である。日豪交流史を研究している遠藤雅子さんによると、オーストラリア(豪州)の外交官が作成したリポートに書かれていた。

 ただ、外交官はすでに亡くなっており、「長政の訪豪説」を裏付ける決定的資料はまだ見つかっていない(『オーストラリア物語』平凡社新書)。

事務所よりご案内