2014/03/31 23:28

《日本の調査捕鯨は条約違反 国際司法裁判所》

私は、我が国は国際捕鯨取締条約から脱退して良いと思います。

※ 国際捕鯨取締条約 第11条
 締約政府は、いずれかの1月1日以前に寄託政府に通告することによって、その年の6月30日にこの条約から脱退することができる。

以下、記事。

 反捕鯨国のオーストラリアが、日本による南極海での調査捕鯨は国際捕鯨取締条約に違反するとして中止を求めた訴訟で、国際司法裁判所(オランダ・ハーグ)のトムカ裁判長は31日、日本の調査捕鯨は「研究目的ではない」と述べ、条約違反と認定、今後実施しないよう命じた。

 国際司法裁判所は一審制で控訴は認められておらず、日本は判決に従う考え。1987年から続けてきた南極海での調査捕鯨は中止に追い込まれる見込みだ。

事務所よりご案内