2014/03/03 9:59

《米が対ロ制裁検討、資産凍結も=ウクライナ侵略非難-オバマ大統領、撤収を要求》

米国がロシアに対し、軍事介入を非難しました。ケリー米国務長官が示唆した制裁措置の中で、最もロシアに打撃を与えるのは資産凍結でしょう。
プーチン大統領は、米国の「裏庭」カリブ海のキューバ・ハバナ港にロシア軍艦を沈黙裡に入港させ、米国を牽制しました。二十数年振りに冷戦期のグレートゲームの棋譜を見る思いです。

以下、記事。

 ウクライナ情勢をめぐり、オバマ米政権は2日、ロシア部隊の撤収を求めるとともに、ロシアへの資産凍結など制裁を検討する強硬な姿勢を示した。これに対し、プーチン政権はウクライナへの軍事介入方針を続ける構えで、米欧とロシアの対立は緊迫した局面に差し掛かった。
 ケリー米国務長官は2日、NBCテレビに出演し、ウクライナでのロシアの行動は「侵略」だと非難、対抗措置として資産凍結やビザ発給停止など制裁を検討する考えを示した。その上で、主要国と協力し、ロシアを孤立化させると警告した。
 長官は、ロシアのプーチン大統領について「この21世紀に19世紀の行動を取っている」と批判。ロシアとの貿易・投資を凍結する可能性にも言及した。さらにロシアが主要8カ国(G8)メンバーの地位を喪失する可能性があると述べた。
 オバマ大統領は1日、プーチン大統領と電話で1時間半にわたり協議し、ロシアが軍事介入によりウクライナの主権と領土を侵害していると断言した。また、ロシア軍に対し、ウクライナ南部クリミア半島の基地に撤収するよう要求。介入を続ければ6月のロシア南部ソチでの主要国首脳会議(サミット)準備会合に米国は参加しないと通告した。
 ロシア大統領府によれば、プーチン氏はオバマ氏に対し、ウクライナのロシア系住民の安全に現実的な脅威があると主張。ロシアの権益と住民を守る権利があると述べ、米側の要求を事実上拒否した。

(関連)
《ロシア軍艦がキューバに、入港の事実伏せる異例の事態》
http://www.cnn.co.jp/world/35044659.html

事務所よりご案内