2014/02/24 8:10

《日本統治時代の「新北投駅」駅舎が里帰り 年末には復元工事終了》

台湾の日本を思ってくれる心に感謝です。国民党政権の反日教育にもかかわらず、親日でい続けてくれた台湾と、戦前、台湾より優遇されていたのに国を挙げて捏造反日攻撃を続ける韓国。適切に対応しなければなりません。

以下、記事抜粋。

台湾中部・彰化県の個人博物館にそのまま保存され解体の危機を逃れていた台鉄の旧・新北投駅の駅舎が25年の時を経て“故郷”の台北市北投区に戻ることになり、22日地元の北投温泉で駅の模型などを載せた駕篭を迎えてのパレードが行われた。この駅は1916年、日本統治時代に開業した淡水線の支線の終点として誕生したもので、台北市にとっては唯一現存する木造駅舎となる。

この日、北投温泉の地域住民や台北市文化局などの関係者、総勢50名余りの代表団が彰化に赴いて駅舎の鬼瓦や看板などを迎え、彰化県や彰化市の関係者らがこれを涙ながらに見送った。一行はまず、台鉄・新竹駅に立ち寄り、古い駅舎同士の交流覚書にサイン。その後、ふるさとの北投に戻ると、沿道で地元・国防大学の軍楽隊の演奏や銅鑼に爆竹が鳴り響く中、駅の模型や瓦などを載せた駕篭が台北メトロ北投駅からかつての新北投駅があった七星公園までにぎやかに練り歩いた。

台鉄・新北投駅はかつての淡水線の支線、新北投支線の終点駅。この2つの路線は日本統治時代に台湾総督府が進めた鉄道整備で、淡水線は淡水港から台北までの物流の迅速化を目的に1901(明治34)年に、新北投支線は北投温泉への湯治客輸送のため1916(大正5)年に開業したもの。いずれも台北MRT淡水線の建設工事開始にともない1988年7月に廃線となった。

旧・新北投駅の駅舎はすでに分解工事がすんでおり、今年の末には北投・七星公園で復元が終了、2016年にも一般開放される。

事務所よりご案内