2014/02/21 1:03

《河野談話で証言検証チーム設置を検討…官房長官》

是非、検証して下さい。
しかし、そもそも聞き取り調査結果を秘密とし、談話を出し、韓国側との政治決着を図ったのは、これで問題を解決とし、以後、韓国側が提起しない、との了解があったからです。
韓国側がこれを一方的に破り、世界に嘘を喧伝し日本叩きに血まなこになっている現状に鑑みれば、秘密とする事で得られたはずの「未来志向の日韓関係」という利益は失われ、我が国の名誉と信用が不当に著しく貶められ続けている訳ですから、これを回復するため、秘密としてきた調査結果を公開する事は、何ら我が国の国際的信用を損なう事はないと考えます。

以下、記事。

 菅官房長官は20日の衆院予算委員会で、日本政府がいわゆる従軍慰安婦問題で「おわびと反省の気持ち」を表明した1993年の河野洋平官房長官談話に関し、根拠となった韓国人元慰安婦16人の証言内容を検証する政府チームの設置検討を表明した。

 河野談話は、元慰安婦の証言をもとにまとめられたが、研究者などから十分な裏付け調査がなされたのかどうか疑問視する声があがっている。日本維新の会の山田宏衆院議員が検証チーム設置を求め、菅氏は「機密を保持する中で検討したい」と応じた。

 ただ、菅氏は、証言をまとめた資料の公開については「非公開を前提にやっている。機密扱いの中で、どうできるか検討したい」と述べるにとどめた。これに関連し、政府高官は記者団に「外部の人に見せるというのは難しい。やはり政府内ということだ」と語った。

事務所よりご案内