2014/02/15 3:13

《新疆ウイグルで車両襲撃、武装グループ8人射殺》

中共政府が新疆ウイグル自治区で行っている残虐なウイグル人「民族抹殺政策」に、ウイグル人の怒りが頂点に達している事を考えると、今後の事態の推移が大変に心配です。

以下、記事。

 新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区のアクス地区で14日夕、公安(警察)車両が武装グループに襲撃された。

 公安側は8人を射殺し、1人を拘束。グループのうち、3人は襲撃の際に自爆した。住民、警察官の各2人が負傷し、公安車両5台が破壊された。

 グループが使用した車には大量のガスボンベが積まれており、公安当局は「自爆が目的」との見方を示した。

事務所よりご案内