2014/01/27 1:42

《零下196度を生き抜くヒル…日本や中国に生息》

凄いですね。

以下、記事。

 零下196度の超低温で凍らせても死なないヒルがいることが分かったと、東京海洋大などの研究チームが発表した。

 どのようにして生き延びているかはまだ謎で、メンバーの鈴木徹・同大教授(食品冷凍学)は「仕組みが分かれば、食品冷凍の新たな技術や臓器の保存などに応用できるかもしれない」と話している。

 このヒルは日本や中国に生息し、クサガメなどのカメに寄生する全長1~1・5センチ・メートルの「ヌマエラビル」。研究結果は米科学誌プロスワンに掲載された。

 発見は偶然で、零下80度で半年ほど冷凍したカメを解凍したら、ヒルが動き出したという。そこで、十数匹のヒルを零下196度の液体窒素で24時間冷やしたところ、解凍後にすべて生きていた。零下90度で凍らせて2年半以上、生きたヒルもあった。

事務所よりご案内