2014/01/26 6:34

《「東海」併記法案が上院通過=日本海の教科書表記で−米バージニア州》

まさしく「無理が通れば道理が引っ込む」です。

朝鮮は、日本海を「東海」と呼ぶと同様に、古来、黄海を「西海」と呼んできました。しかし、「黄海を『西海』と呼べ」という運動はしていません。何故、しないのか。非常に恣意的なダブルスタンダードであり、日本政府は、韓国の「東海」呼称運動が、純粋な動機に基づく運動ではなく、日本への差別意識に基づく全く妥当性がない主張である事を指摘すべきです。

また、中国は東シナ海を「東海」と呼称していますが、国際的な呼称 ”East China Sea” を ”East Sea” とせよとは主張しませんし、ドイツはバルト海を ”Ostsee”(East Sea =東海)と呼びますが、国際的に ”East Sea” と呼称せよとは要求しません。

単に方角を冠しただけの名称は、一つの方角の陸地からしか説明力がなく、また世界中で同じ名称の地名が併存し区別できないので、国際的な呼称とする事を避けるのが当然だからです。

この馬鹿な運動に血道を上げる韓国も、それに乗ぜられて恥ずかしい可決をするバージニア州の上院議員達も、”stupid” としか言いようがありません。

日本政府、この様な主張をしていますか?少なくとも外務省の「日本海呼称問題」HP(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/nihonkai_k/)には載っていません。外務省しっかり仕事をして下さい!

以下、記事抜粋。

 米南部バージニア州の上院は23日の本会議で、州内の公立学校で使う教科書に日本海を表記する際、韓国政府が主張する「東海」も併記するよう求める法案を可決した。採決結果は賛成32人、反対4人。法案は2月中旬以降に審議を始める見通しの下院でも可決される可能性があり、州知事の署名を経て成立すれば、日本政府にとって痛手になりそうだ。

事務所よりご案内