2014/01/11 0:15

《60%の中国企業幹部、「日本企業と取引できない」》

バブル崩壊目前の中国から撤退する良い口実ができました。

以下、記事抜粋。

 8日に発表された世論調査によると、中国企業の幹部のうち60%が、日中関係悪化のため、日本企業とは取引ができないと回答したという。調査は、日経新聞、韓国の「Maeli Business」紙、および中国のグローバル・タイムズ紙が共同で、昨年12月、安倍首相の靖国参拝前に実施した。AFP通信が報じた。日中間の政治的緊張が日本企業の将来に暗い影を落としている。

事務所よりご案内