2013/12/26 0:00

《銃弾要請は現地韓国軍部隊長と韓国大使館から 菅長官、韓国の見解を改めて否定》

冷静に判断して、日本政府の主張は正当です。
対して韓国政府は、自国軍が直接要請した銃弾の無償供与を受けながら、我が国に謝意ではなく「遺憾」と「警告」を表す。これを「恩を仇で返す」と言います。日本の善意と韓国の態度の異常さを、国際社会に丁寧に説明し理解を得るべきです。

以下、記事。

 南スーダンに国連平和維持活動(PKO)を展開している陸上自衛隊が現地の韓国軍に銃弾1万発を無償提供したことについて、菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官は25日、「人道的、緊急的という形で決定した」と改めて強調。韓国が日本政府に直接要請していないなどととしていることは改めて否定した。

 菅氏の説明によると、現地に展開中の韓国隊部隊長が日本時間22日午前、陸自部隊長に「銃弾が不足している」として提供を要請。数時間後にはPKO司令部から陸自部隊長に同じ要請があった。

 22日夕には在日韓国大使館から外務省に連絡があり、韓国政府としての要請と確認したという。

(関連)
《潘事務総長、「銃弾提供は適切だった」》
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131225/erp13122509040003-n1.htm

《韓国、日本に強い遺憾の意「政治的に利用」 銃弾無償供与で 韓国紙報じる》
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131225/kor13122521000002-n1.htm

事務所よりご案内