2013/08/23 1:04

《インド北東部で中国軍が越境》
インド最北部のカシミールに続き、インド最東部のアルナチャルプラデシュ州で、中国人民解放軍による侵略行為です。中国の侵略行為は、南シナ海やブータンの様な小国のみならず、隙があると思えばインドの様な核保有国にまで及びます。
尖閣諸島における中国の侵略行為に関し、「昨年4月に石原慎太郎都知事(当時)が購入を表明したことが原因だ」などと物知り顔で批判する政党や評論家、活動家がいますが、全体像を全く理解していません。

事務所よりご案内