08/18/2017 05:12:41 PM

端島炭坑の旧島民、「警察官が2人ほど駐在していただけ」「朝鮮人労働者には家族連れもおり、子供は日本人と一緒に学校で学び、働かされていたということはない」と抗議。

「残虐な虐待」妄想を史実かの様に創り上げ、日本に謝罪と賠償を要求するマッチポンプを繰り返す韓国政府と民間組織・勢力。

私は繰り返し指摘していますが、史実に基づかない妥協は何も生みません。これまでの日本政府の対韓政策はほぼ全て間違っています。

《【歴史戦】端島の旧島民らが韓国映画「軍艦島」に反論声明文 「フィクションとことわれば許されるのか」》
2017.08.19 産経新聞

 長崎市の端島炭坑を舞台にした韓国映画「軍艦島」の上映を受け、旧島民やその子孫などからなる「真実の歴史を追求する端島島民の会」は18日までに、端島に関する事実関係を記し、映画の内容に反論する声明文を出した。声明文は「フィクションとさえ断れば、事実と全くかけ離れた虚構を映画にすることは許されるのか」として映画を非難するとともに、「一部の過激な活動家や運動家が日韓両国や両国民が敵対するように扇動する妄動」への適正な対応を求めている。

 声明文は15日付で李俊揆駐日韓国大使と呉公太在日本大韓民国民団のほか、報道機関向けに発表された。

 映画は憲兵による朝鮮人への暴行を描くが、声明文は「警察官が2人ほど駐在していただけ」と反論。朝鮮人労働者には家族連れもおり、子供は日本人と一緒に学校で学び、「働かされていたということはない」と証言する。

 また、朝鮮人労働者が地下1000メートルの坑道での労働を強いられたとするが、同会は「坑道は地下710メートルを超えていたにとどまる。送風機が備えられており、坑道内は意外に過ごしやすく、水飲み場もあり、少なくとも灼熱の環境などではなかった」と説明する。

 このほか、多くの朝鮮人労働者が殺されたこともなく、米軍による空襲も昭和20年7月31日の1度だけで、発電所などの施設が空爆されたと反論した。

 同会は声明文で「両者が敵対関係ではなく、友好関係を築き、共に協力して、後世に端島に関する正しい記録を残していけるよう尽力したいと考えている」と訴えている。

写真:韓国映画「軍艦島」のパンフレット

http://www.sankei.com/politics/news/170819/plt1708190004-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/830214880479383

事務所よりご案内