06/01/2017 05:52:14 AM

半島有事の際に在韓邦人退避の為の自衛隊機・艦船派遣について協議にさえ応じない一方、自国空軍機は我が国基地に着陸させる韓国。
日本政府、正当な交渉をせよ。

《韓国軍機が横田基地に緊急着陸 空中給油でトラブル》
2017.06.01 ANN

 在日アメリカ軍横田基地に韓国空軍のF16戦闘機が緊急着陸しました。

 韓国軍によりますと、韓国空軍のF16戦闘機6機が演習に参加するため、アラスカの空軍基地に向かっていました。しかし、アメリカ軍の空中給油支援の際、支障が生じたために、1日午前9時に横田基地に着陸したということです。24時間ほど滞在して、正常な空中給油が可能なことが確認できれば再び飛行するということです。

http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000102083.html

《在韓邦人退避、自衛隊使えず?…韓国が消極姿勢》
2017.04.21 読売新聞

 日本政府は、米朝間の緊張の高まりを受け、朝鮮半島有事を想定した在韓邦人輸送の具体的な計画の検討を進めている。

 民間機や民間の船舶などとともに、自衛隊の航空機や艦船の派遣も検討したい考えだが、韓国政府は日本政府との協議に応じる姿勢を示していない。輸送力には限りがある中、民間機などが通常運航している間に自主的な帰国を促すなどの取り組みをどこまで進められるかが焦点となりそうだ。

 外務省によると、在韓邦人は現在、約5万7000人(旅行者を含む)。邦人が集中するソウルは南北軍事境界線から数十キロしか離れておらず、北朝鮮の大量のロケット砲の射程範囲にあるとされる。

http://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000301/20170421-OYT1T50012.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/photos/a.188901204610757/787002114800660/?type=3

事務所よりご案内