03/04/2017 07:15:48 AM

イベントページを作成致しました。

現行自衛隊法「領空侵犯措置」には「権限規定」が無く、領空侵犯を未然に防止する事も、侵犯された場合に「強制着陸」させる事もできない?
織田邦男元空将に伺います。 皆様、是非、ご参加下さい!

[吉田康一郎政治経済勉強会/日本のこころタウンミーティング]
《「尖閣は守れるのか ~『5条適用対象』に浮かれている場合ではない」 織田邦男元空将 講演会》

2月3日、マティス米国国防長官が来日し「尖閣が安保条約第5条の適用対象」と明言した事は、多くの国民を安堵させました。しかしその適用には、当事国である日本が防衛の第一義的責任を負い、施政下にある事が前提である事は、言うまでもありません。

中国の高官は、「我々にとって最も好都合な日米同盟は、ここぞという絶妙の瞬間に機能しないことだ」と語り、中国は、核、空母を含む軍事力の増大と展開の拡大を続け、尖閣の実効支配を争奪する為の活動を加速させています。

昨年6月、中国戦闘機が初めて東シナ海のこれまでのラインを超えて南下し、空自スクランブル機に攻撃動作=軍事行動を仕掛けてきた事に、真っ先に警鐘を鳴らしたのが、織田邦男元空将でした。

織田氏は、現行自衛隊法「領空侵犯措置」には致命的欠陥があり、一昨年の安保法制では手つかずであった、この改正は焦眉の急務である、と指摘されています。

今回は、織田元空将をお招きし、下記ご講演を頂きます。

是非、お誘い合わせの上、ご参加下さい!
* * *
日時  3月22日(水)19時~21時

講演  「尖閣は守れるのか ~『5条適用対象』に浮かれている場合ではない」 元・空将       織田 邦男 氏

場所  中野区産業振興センター 2階 セミナールーム2
     中野区中野2-13-14 / JR中野駅南口下車 徒歩5分
     http://nakano-sangyoushinkou.jp/access

会費  吉田康一郎を応援する会会員    1,000円
    日本のこころを大切にする党党員  1,000円
    その他の方            1,500円

(講演会に参加頂ける方は、当日、「都市政治経済フォーラム」の会員として参加頂く、という形になりますので、ご了承下さい。)

懇親会 講演会の後、近くの居酒屋で懇親会を開催します。(実費)
    (織田先生もご参加下さいます)

【ご連絡・お申込先】 吉田康一郎事務所
 電 話 03-5345-5443 (PHS 070-6471-5443)
 FAX 03-5345-5444
 E-mail voice@k-yoshida.jp

https://www.facebook.com/events/1382629018477777/

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/736758659825006

事務所よりご案内