08/30/2016 05:14:41 AM

朴裕河 世宗大教授の慰安婦問題に関する著書「帝国の慰安婦」の内容は、親日という訳ではありません。この内容で起訴される韓国は、まともな法治国家ではありません。

《【「帝国の慰安婦」裁判】「誤った認識で若者が日本に敵意」 被告の韓国教授》
2016.08.30 産経新聞

 慰安婦問題に関する著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦らの名誉を傷つけたとして名誉毀損罪で在宅起訴された朴裕河・世宗大教授の公判が30日、ソウル東部地裁で行われた。朴氏は出版の目的は「日本擁護ではない」とした上で「誤った認識で若者が(日本に)敵意を抱き、韓日関係が悪化するのを座視できなかった」と述べた。

 1月から続いた公判準備手続きを終え、30日から本格審理が開始。検察は冒頭陳述で、朴氏が慰安婦と日本軍の関係を「同志的」などと表現した一部記述について「虚偽事実で名誉を傷つけた」と改めて指摘した。

 弁護側は「帝国主義とは何かを考察した書籍。資料に基づいており、名誉毀損は全くない」と主張した。

 裁判長は、問題とされた記述が実際に名誉毀損や虚偽に当たるかどうか、虚偽の場合は朴氏が虚偽と認識していたかどうかなどを争点として整理した。検察側は、存命中の元慰安婦の証人申請を検討しているとも説明した。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160830/wor1608300043-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/634380666729473

事務所よりご案内