08/15/2016 10:31:20 PM

共産党独裁中国は、歴史捏造を繰り返しながら、我が国の靖国神社参拝を攻撃する。

中途半端な扮装をした満州の匪賊(張学良軍の敗残兵とも)がカトリック司教ら9人を殺害した1937年の「正定事件」を、中国政府は日本軍の犯行と決めつけ、また新たな反日キャンペーンを開始。

中国政府は、新たに「中国人慰安婦も20万人いて殺害された」との捏造キャンペーンも始めています。

政府は、これらを看過せず、明確に否定する国際広報をしなければ、世界の日本への誤解が更に悪化していきます。

そもそも中国政府に靖国参拝攻撃を唆したのは、朝日新聞をはじめとする反日左翼メディアと左翼政党でした。

戦後も歴代の首相は、靖国神社に参拝してきました。しかし、中国政府からの批判はなく、いわゆるA級戦犯が合祀されても中国は問題にしませんでした。当時、批判していたのは我が国の左翼だけでした。

ところが昭和60年8月15日の中曽根首相の参拝に対し、朝日新聞が当時の社会党と連携しつつ異常な「反靖国キャンペーン」を開始。中国政府が靖国参拝への批判を始めたのは、それからです。

朝日新聞、違うと言うならば、証拠と共に反論して下さい。

《【歴史戦】オランダ人司教殺害の正定事件で慰安婦めぐる“史実”が独り歩き…仏外交資料に見当たらず 南京事件に関連づける動きも》
2016.08.15 産経新聞

 1937(昭和12)年10月に中国河北省正定でオランダ人のカトリック司教ら9人が殺害された「正定事件」をめぐり、「日本軍が慰安婦とするために中国人女性を要求したが司教らは拒否したため殺害された」との説が“史実”として独り歩きしている。欧州では司教らが教会施設に避難してきた女性たちを命がけで守ったとして、聖者に次ぐ「福者」にしようとする列福の動きがある。しかし、当時の日仏外交当局の書簡にはそうした記述がないことが14日までに分かった。

 書簡は仏西部ナントの外交史料館に保存されている37年10月23日付の在北京仏大使館員が駐中国大使に宛てた書簡から、38年5月24日付の在ローマ仏閣外相の書簡まで。スイス在住の日本人女性が入手した。

 仏政府が史料を保管しているのは事件調査に関与していたためとみられる。殺害されたオランダ人のシュラーベン司教はパリの宣教会から派遣されていたうえ、フランス人司祭も犠牲になっている。

 史料によると、事件から3日後に現地入りしたオランダ人神父が使用人から聞いた話として「強奪者は十数人で全員日本の軍服を着ていた。連隊の帽子ではなく、フェルト帽をかぶっていた。(中略)彼らは満州の“赤ひげ”つまり山賊だと話し、国に帰るのにお金を欲しがった」という。

 教会側から仏大使館に宛てた手紙には「兵士がお金を要求したり、物を奪ったりした」とあるが、女性を要求したとの記述はない。

 唯一、女性に関する記述があるのは37年12月1日付の文書。スウェーデン人神父が中国人のカトリック教会関係者から聞いた話として「10月9日、日本兵がカトリック宣教施設に来て若い女性を要求した。外国人宣教師の一人が、望むものは何でも持っていっていいが女性を差し出すことは絶対にないと答えると、日本兵は立ち去った」とある。

 ところが、終戦翌年の46年5月、ベルギー人神父創刊の中国語の新聞に、襲撃グループが「若い女性300人」を要求したとの記述が登場する。この報道が影響したのか、司教殺害に関する調査を行っている「シュラーベン財団」のホームページには「司教は避難民女性を“慰安婦”として差し出すことを拒否」と記されている。

 また、日本のカトリック機関紙「カトリック新聞」は2013年4月、「欧州に残る資料によると、日本軍が教会施設にいた避難民の中から200人の女性を引き渡すよう求めたことに抵抗したため(司教らは)連行された」と報じた。

 中国でも正定事件は司教らが女性を守ろうとしたために殺害された「惨劇」と伝えられている。14年10月には正定がある河北省石家荘市の河北師範大学で「正定教会の惨劇と戦時における宗教の人道主義の援助」と題したシンポジウムが開かれた。

 正定に進軍したのは終戦後、南京軍事法廷で「大虐殺を引き起こした」として死刑判決を受け、処刑された陸軍中将の谷寿夫氏が率いる部隊だった。このことから正定事件は谷氏の部隊が引き起こしたとして「南京事件」と関連づける動きもある。

 ◇ 

■ 正定事件(せいていじけん) 戦時中の1937年10月9日ごろ、旧日本軍による攻略直後の中国河北省正定でフランスのカトリック宣教会が襲われ、司教を含む9人が殺害された事件。日本は当時、調査に基づき日本軍の犯行ではないと結論づけたが、教会を管轄する仏側に正定の統治者としての責任から見舞金を支払った。仏政府も犯人を特定できないまま38年4月に「今後、問題を提起しない」と表明した。

写真:日本軍の正定(中国河北省)攻略を伝える昭和12(1937)年の「東京朝日新聞」の報道。避難しようとしていた女性や子供たちが日の丸の小旗を持って集まってきたと説明している

http://www.sankei.com/premium/news/160815/prm1608150018-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/627677330733140

事務所よりご案内