07/17/2016 04:29:00 PM

左翼メディアの必死の鳥越ヨイショにも拘らず、序盤、小池百合子氏、一歩リードとの報道。驚きです。都民はバカではないという事でしょうか。

《【東京都知事選・序盤情勢】小池百合子氏、一歩リード 鳥越俊太郎氏、増田寛也氏が急追 序盤情勢》
2016.07.18 産経新聞

 舛添要一前東京都知事の辞職に伴う都知事選(31日投開票)で、産経新聞社は16、17両日、電話での世論調査を実施し、取材を踏まえて序盤情勢を探った。元防衛相の小池百合子氏(64)が一歩リードし、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=と元総務相の増田寛也氏(64)=自民、公明、日こ推薦=が急追する展開となっている。ただ、全体の4割以上が投票先を決めておらず、選挙戦の行方は予断を許さない。

 候補者選びが難航し、小池氏と増田氏の間で17年ぶりの分裂選挙となった自民党。増田氏を組織的に支援するが、増田氏が固めたのは同党支持層の約3割。都政刷新を掲げて「空中戦」を挑む小池氏に3割強の支持が流れている。

 公明党支持層については増田氏が5割以上を固める一方、小池氏は無党派層の約3割に浸透し、女性からの人気も高い。野党統一候補の鳥越氏は民進、共産両党の支持層のそれぞれ6割近くを固めたが、出馬表明の遅れもあり、無党派層に浸透しきれていない。

 都知事選に「大いに関心がある」「ある程度関心がある」と答えた都民が9割以上に達し、注目度は高い。主要政党の候補者擁立が告示直前にずれ込んだことには「時間がかかりすぎた」との批判が約65%に及んでいる。

 投票の際に最も重視する基準は「政策」が37%、「行政経験」13・5%、「お金に対するクリーンさ」13・4%の順。

 新知事に優先して取り組んでほしい政策(複数回答)は「教育・子育て」が41・9%で最多。「医療・介護」「都の行財政改革」「景気・雇用」の順で続き、「東京五輪・パラリンピックの準備」は9・7%だった。

http://www.sankei.com/politics/news/160718/plt1607180003-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/614203042080569

事務所よりご案内