05/14/2016 02:39:10 AM

イタリアの首都ローマで、中国の警察官がイタリアの警察と共同パトロールを開始。イタリアは、将来に禍根を残す前例を作りました。

中国の警察は、不当逮捕と拘束、賄賂、汚職、拷問、虐待で有名ですが、我々日本人が、イタリアで中国警察官に取り締まられる事になったら恐ろしい。

《中国・イタリア連合警察がパトロールを開始、ローマ》
2016.05.03 人民網日本語版

 中国とイタリア側の警察官がイタリアのローマで5月2日、初の共同警務パトロールを開始した。同日から2週間、中国側の警察官4人がイタリア側の警察官と共にローマとミラノ2都市において合同パトロールを行なう。期間中、中国側の警察官はイタリア側の警察官の業務や中国人観光客の安全に関する問題、海外における中国人観光客の利益の保護に協力し、イタリアを訪問している中国人観光客のために警察との円滑な意思疎通を図る予定だ。また、これは中国警察にとって初めての外国警察との合同警務活動にあたる。(編集JK)

http://j.people.com.cn/n3/2016/0503/c94659-9052668.html

《中国、刑務所で拷問や虐待 国連委、「深刻な懸念」表明》
2015.12.10 産経新聞

 国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会(スイス・ジュネーブ)は9日、中国に対する審査に関する報告書を発表、同国では依然として警察署や刑務所などで幅広く拷問や虐待が行われているとして「深刻な懸念」を表明、中国に拷問をやめるよう勧告。拷問被害者の訴えを公平に調査するための独立した機関を設けるよう促した。

 また中国では弁護士や人権活動家らへの弾圧が深刻だと強調。7月以降、200人以上の弁護士らが拘束され、現在も少なくとも25人が監視下に置かれていると指摘した。中国当局は7月に人権派弁護士らを相次いで連行し、著名な女性弁護士王宇氏らを拘束するなど締め付けを強めている。

 同委は、警察や国家権力による拷問や非人道的な扱いを禁じる拷問禁止条約に基づき1988年に設置され、国連加盟国の審査を担当している。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/151210/wor1512100020-n1.html

《イタリアの街頭を中国人警官が巡回、自国の観光客保護で》
2016.05.07 CNN

 毎年300万人以上の中国人観光客が訪れるイタリアのミラノとローマで制服姿の中国人警察官4人が街頭で巡回し、地元警察と情報を共有し、中国人観光客のトラブル解消や犯罪被害の報告などを手助けする制度がこのほど始まった。

 イタリアのアルファーノ内相によると、この種の試みは欧州諸国では初めて。ただ、2014年にパリで類似の制度が実施された例はあるという。

 イタリア紙レプブリカ(電子版)によると、同内相は中国人警官の配置は同国人観光客の安心感を高めることが主な狙いと指摘。将来的にはイタリアの他都市でも実施させる可能性に言及した。

 イタリアの警察当局の責任者は記者団に、今回の措置による犯罪予防対策での大きな効果も期待。外国の警察官の街頭配置は、欧州諸国同士の間でも数年前には考えもつかなかった協力事業と評価した。

 欧州各国では中国人観光客が犯罪被害を受ける事例が近年増えている。昨年の中国人の海外観光客数は約1億900万人で支出額は2290億米ドルとの統計データもある。人気の旅行先はアジア以外では欧州が首位となっている。

http://www.cnn.co.jp/travel/35082209.html

《中国の警察官、ローマの街頭をパトロール》
2016.05.10 中国網日本語版(チャイナネット)

 中国とイタリアの警察はこのほど、ローマで初の共同パトロールを実施した。中国のイケメン警察が注目を集めた。広州警察が8日に発表した情報によると、パトロールに参加した中国人警官4人のうち、リーダーの厖波氏は広州警察隊出身だ。

 毎年延べ300万人以上の中国人がイタリアを訪問しているが、これには多くの観光客が含まれる。中国とイタリアの警察が2日に開始した、ローマ観光シーズンの共同パトロールにおいて、中国の警察はイタリア側に協力し中国人客の安全問題を処理した。中国の警察が欧州で法執行活動を展開するのはこれが初。

 広州警察の当局者によると、厖氏はローマで多くの中国人客、留学生、およびイタリアで会社を経営する華僑に会った。彼らは、異国で中国の警察を目にし親しみを覚え、安心することができたと話した。

 厖氏は、「同僚と共により高度な警戒心、より専門的な警察の素養により共同パトロールを完了し、中国公安部と広州警察隊に満足できる答案を提出する」と述べた。

 厖氏は広州市公安局出入国管理支隊副支隊長、国際協力弁公室副主任だ。厖氏は中国公安部と国連によって、ボスニア・ヘルツェゴビナとハイチの平和維持活動に派遣されたことがある。厖氏は2002年、ボスニア・ヘルツェゴビナで平和維持活動を実施中、その活躍により普通平和維持警察から地域行動指揮局補佐に昇格し、ボスニア・ヘルツェゴビナ警察部隊高級指揮官に就任した初の中国人になった。

 厖氏は2004年、中国で初めてハイチに派遣された平和維持民事警察になり、国連より行動指揮局副指揮長に任命された。厖氏は国連の平和勲章を2回受賞し、第17回「中国十大傑出青年」、全国優秀人民警察に選ばれた。

 広州警察は近年、国際法執行共同活動への参与を深めている。これには国連での任職、中国公安部から海外への警務連絡官の派遣、平和維持活動への参加、海外短期滞在中の法執行共同作戦などが含まれる。広州警察隊は現在まで、国連の東ティモール、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ハイチ、南スーダンなどの平和維持活動に25人を派遣している。

http://japanese.china.org.cn/life/2016-05/10/content_38420043.htm

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/photos/a.188901204610757/585834571584083/?type=3

事務所よりご案内