02/24/2016 12:53:07 PM

中国、南シナ海のパラセル諸島に、地対空ミサイルに続き、戦闘機と戦闘爆撃機を展開。「(南シナ海で)軍事化を進める意図はない」(習近平国家主席)と主張しながらです。即ち、軍事、外交、経済、歴史…あらゆる問題について、国家主席以下の中国政府関係者の発言を根拠に物事を判断する者は全て馬鹿者だという事です。次のプロセスは、南シナ海における防衛識別圏設定の宣言でしょう。

《【緊迫・南シナ海】中国、パラセル諸島に戦闘機と戦闘爆撃機を展開》
2016.02.24 産経新聞

 【ワシントン=青木伸行】米FOXニュースは23日、中国軍が南シナ海のパラセル(中国名・西沙)諸島のウッディー(永興)島に、戦闘機と戦闘爆撃機を展開していることが確認されたと報じた。

 米情報機関が数日前、旧ソ連製のスホイ(Su)27を国産化したJ(殲)11戦闘機と、JH(殲轟)7戦闘爆撃機を確認した。ウッディー島では地対空ミサイルの配備が明らかになったばかりで、同島の領有権を主張するベトナムなどは、反発を一層強めそうだ。

 中国が実効支配するウッディー島では、1988年に滑走路が建設され、90年代初めに偵察衛星などによって存在が判明した。

 今回確認された戦闘機の展開は同島の軍事機能強化の一環とみられる。


《【緊迫・南シナ海】中国造成の人工島は「前方展開基地に変容…」》
2016.02.24 産経新聞

 ハリス米太平洋軍司令官は23日、上院軍事委員会の公聴会で、中国が南シナ海に造成した人工島などでレーダーや通信施設を整備していると言明した上で「前方展開基地に変容させようとしている」と強い警戒感を示した。北朝鮮が核実験を再び実施する可能性にも言及した。

 ハリス氏は、中国が南シナ海の複数の地点で埋め立て作業をほぼ完了させ、滑走路やインフラ施設の建設作業も終えようとしているとの見方も示し、対抗策として「航行の自由」作戦を継続する考えを強調した。

 また、北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐっては「能力を向上させた大陸間弾道ミサイルや日本が射程に入る中距離弾道ミサイルの発射実験を再び実施する可能性がある」と表明した。

 南シナ海では、中国が西沙(英語名パラセル)諸島に地対空ミサイルを配備したことが明らかになったばかり。共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長は「航行の自由」作戦を含め、中国へのさらなる圧力強化を求めた。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160224/wor1602240005-n1.html

《中国は南シナ海の軍事化を着々と進めている 防空識別圏の布石か》
2016.02.18 読売新聞/東洋経済

【北京=蒔田一彦】中国が南シナ海・パラセル(西沙)諸島に地対空ミサイルを配備したことが分かった。

中国が南シナ海での軍事力強化を着々と進めていることを裏付けるもので、近年最も挑発的な軍事行動と言える。南シナ海での防空識別圏(ADIZ)設置に向けた中国の布石との見方もある。

「国際法に基づく自衛権であり、軍事化とは関係ない」

中国の王毅(ワンイー)外相は17日、北京でオーストラリアのビショップ外相と会談した後の記者会見で、南シナ海の島に軍事施設を整備する正当性について強弁した。外務省の洪磊(ホンレイ)副報道局長も同日の定例記者会見で、「防御能力を引き上げることと軍事化は全く別のことだ」と述べた。習近平(シージンピン)国家主席が昨年9月の訪米時に、「(南シナ海で)軍事化を進める意図はない」とした発言とは矛盾しないという主張だ。

中国はまた、航行の自由を訴える米軍の巡視活動について、「重大な軍事的挑発行為であり、南シナ海を『軍事化』している」(国防省の声明)との主張を展開している。米軍の介入を口実に、軍事施設の整備を正当化する狙いがある。

今回ミサイル配備が明らかになったウッディ(永興)島はパラセル諸島最大の島で、中国は2012年、同諸島などを管轄する「三沙市」を新設し、市役所を同島に置いた。中国軍が防衛上の重要拠点に設置する「警備区」も同市に置かれ、部隊も駐留している。14年に滑走路を3000メートルに拡張し、15年には演習中のJ(殲)11戦闘機が使用したとされる。ミサイル配備を受けて国際社会からの反発が更に高まることは必至だが、中国が実効支配を強める動きを止める可能性は低い。

写真:南シナ海のパラセル諸島に中国が配備したと報じられたHQ9(紅旗9)長距離地対空ミサイルの同型=昨年9月3日、北京で、田村充撮影

http://toyokeizai.net/articles/-/105743

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/photos/a.188901204610757/551031278397746/?type=3

事務所よりご案内