01/29/2016 11:57:34 AM

『ガールズ&パンツァー 劇場版』、私も昨年末に観ましたが、ヒットが続いているとの事、頷けます。それでは例の一言を。
「ガルパンはいいぞ」^^

《「ガルパン劇場版」興行収入10億円に到達 フィルム配布や「4DX」上映でますます盛り上がりそう》
2016.01.29 ねとらぼ 塚本直樹

 現在上映中の映画「ガールズ&パンツァー 劇場版」の興行収入が10億円に達したことが、一般財団法人日本映画製作者連盟の2016年1月発表で明らかとなりました。映画は一般的に興行収入が10億円を超えるとヒット作と見なされるそうなので、これで名実ともにヒット作の仲間入りを果たしたと言えそうです。

 ガールズ&パンツァーは、戦車を操って勝敗を競う「戦車道」が女性のたしなみとされている世界で、主人公・西住みほたち女子高生の活躍を描いたオリジナルアニメ(2012年~13年に掛け全12話が放送)。ミリタリー×女子高生という組み合わせと、スタッフの音へのこだわりが多くの人たちのハートを鷲づかみにしており、ガルパンにハマった人は通称「ガルパンおじさん」と呼ばれるなど、現在最も注目されているアニメの一つとなっています。

 また、公開されている劇場の中でも、音響に並々ならぬ情熱を注いだ“極上爆音”上映が行われている「立川シネマシティ」は特に人気が高く、公開から2カ月たった現在(11月21日ロードショー)でも連日予約でいっぱいという状況。1月28日には上映中にスピーカーが「白旗」を上げ、音声が聞こえなくなるという事態が発生(現在は復旧)しましたが、戦車の重低音だけが鳴り響くという状況を楽しむ人たちも多く、目立った混乱は起こらなかったそう。ガルパンってすごい。

 また、舞台として描かれている茨城県大洗町には、多くのファンが「聖地巡礼」として訪れており、ふるさと納税の寄付額が急増するなど、ちょっとした社会現象にまで発展しています。

 1月30日からは「ダブル生コマフィルム」の配布がスタートするほか、2月20日からは映画の展開に合わせて座席が揺れたり、水しぶきや香りまで再現することで臨場感を高めた「4DXデジタルシアター」(全国30館)での上映も決定、ますます記録を伸ばすことになりそうです。

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1601/29/news082.html

ガールズ&パンツァー HP
http://girls-und-panzer.jp/

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/photos/a.188901204610757/541855589315315/?type=3

事務所よりご案内