01/28/2016 09:55:56 AM

ハリス米太平洋軍司令官、尖閣の防衛を明言。感謝します。

1996年、当時のモンデール駐日大使が中国の尖閣攻撃に対し日米安保は発動しない旨の発言をし、日米同盟を大きく損ないました。

米国の尖閣防衛の明確な意思表示は、中国に対する強い抑止力になります。

《「中国攻撃なら尖閣防衛」米司令官、軍事介入言明 名指しでけん制》
2016.01.28 産経新聞

 ハリス米太平洋軍司令官は27日、ワシントンで講演し、中国が領有権を主張する沖縄県・尖閣諸島について「中国からの攻撃があれば、われわれは必ず(日米安全保障条約に基づき)防衛する」と述べ、米軍の軍事介入を言明した。ハリス氏が今回、中国を名指ししたのは、軍事力増強への警戒感とけん制の意味合いがありそうだ。

 ハリス氏は「尖閣諸島の主権について米国は特定の立場を取らない」と従来の見解を繰り返した。警備当局による衝突が、当該国の軍事行動、米国の関与へと徐々にエスカレートしていく事態を「懸念している」と述べた。

 中国が南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で滑走路を建設したファイアリクロス(中国名・永暑)礁に関しては「明らかに軍事拠点化しているか、軍事支援できるように整備されている」と指摘。中国が埋め立てた人工島付近を米艦船が航行する「航行の自由」作戦を継続する意向も重ねて表明した。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/160128/wor1601280034-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/541405836026957

事務所よりご案内