01/22/2016 11:51:52 AM

難民申請者による女子中学生への強制猥褻と偽装難民の不法就労。相次いだ事件は氷山の一角でしょう。そもそも本当に難民であるのか、そして難民であろうと日本では日本の法律を守らなければならない、過ちも犯しうる人間として対処しなければなりません。

《女子中学生を乱暴 首にキスによる内出血の痕…強制わいせつ容疑で難民申請中のネパール人男逮捕 警視庁
2016.01.22 産経新聞

 逮捕容疑は昨年2月7日午後2時ごろ、東京都渋谷区内の駅の前で、女子中学生に「お金をあげるから遊びに行こう」などと声を掛け、近くに駐車されていたトラックの荷台に連れ込んで体を触るなどし、軽傷を負わせたとしている。女子中学生の首にはキスによる内出血の痕が見られた。

 同課によると、タパ容疑者は平成20年1月に就学の在留資格で来日。24年7月からは東京入国管理局に難民認定の申請を繰り返し、就労する資格を得ていた。

 都内では若い女性が被害にあう同様の強制わいせつ事件が数件あり、同課が関連を調べている。

http://www.sankei.com/affairs/news/160122/afr1601220022-n1.html

《「難民申請すれば日本で働けると…」 制度悪用容疑のベトナム人夫婦を逮捕 警視庁》
2016.01.22 産経新聞

 虚偽の難民認定申請をして不法就労したとして、警視庁組織犯罪対策1課は入管難民法違反(資格外活動)容疑で、ともにベトナム国籍で北九州市八幡西区大浦の無職、グエン・ヴァン・オワン容疑者(24)と妻(20)を逮捕した。

 同課によると2人は「留学」の資格で入国。昨年夏の在留期限を前に同年6月、「裏社会から借金し帰国したら命が狙われる」として難民認定を東京入国管理局に申請した。

 申請後は6カ月間、就労できない「特定活動」の資格を与えられるが、2人はその間にアルバイトを続けていた。グエン容疑者は、「日本で働けると知人に聞き、虚偽申請した。働けないとは知らなかった」と供述している。

 また2人は北九州市で生活しながら、最も申請の受理が多い東京入管に難民認定を申請しており、同課が詳しい経緯を調べる。

 2人の逮捕容疑は特定活動の資格で在留中の昨年7~11月、同市内の食品製造販売会社などでアルバイトしたとしている。

 難民認定をめぐっては当初、申請しても就労できなかったが、平成22年から申請6カ月後から働けるよう改正。申請が却下されても異議申し立てが繰り返し可能で、一部で「救済ビザ」などと呼ばれ、虚偽申請による制度の悪用が指摘されている。

http://www.sankei.com/affairs/news/160122/afr1601220017-n1.html

https://www.facebook.com/koichiro.yoshida.jp/posts/539337436233797

事務所よりご案内