2015/12/30 13:26

事務所よりご案内



「当時の軍の関与」の内容が明確でない、各国に建てられた慰安婦像・碑の撤去の確約がない、ユネスコ記憶遺産申請問題等、課題は山積みです。

《【「慰安婦」日韓合意】日こころ・中山代表「大いなる失望」と批判》
2015.12.28 産経新聞

 日本のこころを大切にする党の中山恭子代表は28日、慰安婦問題で日韓両政府が合意下ことについて、「未来志向の日韓関係を目指して努力した」としつつ、「安倍外交の最大の汚点となると考えられ、大いなる失望を表明する」との談話を発表した。

 中山氏は、岸田文雄外相が日韓外相会談後の共同記者発表で「当時の軍の関与の下に」と発言したことについて「いかなる歴史的事実に基づいたものなのかを政府として明確にする必要がある」とし、在韓日本大使館前や米国などの慰安婦像の撤去についても「何ら確約がなされていない」と強調した。

 また、「この像のために、海外の日本人達、とくに子供達がいわれのないいじめに遭っている現状について、日本政府としては、どのような対応をしようとするのか明らかにすべきである」とも指摘。「種々の問題点を包含する内容」と疑問を呈し、「強く抗議する」とした。

写真:日本のこころを大切にする党の中山恭子代表(斎藤良雄撮影)

http://www.sankei.com/politics/news/151228/plt1512280064-n1.html