2015/10/08 3:15

今回、ロシアがカスピ海からシリアにミサイルで攻撃し、成功させた事は、周辺国に対する大きな示威となりました。

《露、カスピ海からシリアにミサイル…攻撃を拡大》
2015.10.07 読売新聞

 【モスクワ=田村雄】ロシア海軍は7日、カスピ海に配備したフリゲート艦などから計26発の巡航ミサイルを発射し、約1500キロ離れたシリア北部のイスラム過激派組織「イスラム国」の拠点11か所を攻撃した。

 ロシアは9月30日、シリアで「イスラム国」への攻撃を開始。これまでは連日、空軍機で爆撃を行っていたが、これに加えて海軍を動員し、一気に軍事行動を拡大させた。

 露国防省が7日に公開した映像によると、カスピ海南部から発射された巡航ミサイルは、イランとイラクの領空を通過し、シリア北部に着弾した。攻撃により、爆弾製造工場や弾薬庫、指揮拠点などを破壊したという。

 ショイグ国防相は同日、プーチン大統領に、海軍による攻撃について、「全ての攻撃目標を破壊した。一般市民に負傷者はいない」と報告した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20151007-OYT1T50117.html

事務所よりご案内