2015/06/18 0:27

《ロシア、年内にICBMを40基追加=プーチン大統領》
2015.06.17 ロイター

 [クビンカ(ロシア) 16日 ロイター] – ロシアのプーチン大統領は16日、今年中に40基以上の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を追加配備する方針を明らかにした。欧米諸国が警戒心を強める可能性が高い。

 プーチン氏はモスクワ郊外で開かれた軍事関連のフォーラムで講演し、「最先端のミサイル防衛さえも突破できる能力を持つ40基以上のICBMを年内に、核兵器備蓄に追加する」と述べた。配備するミサイルの詳細は述べなかった。

 プーチン氏は、安全保障上の脅威が増す中でロシアは核の抑止力を保たなければならないとこれまでも強調。ロシアはウクライナのクリミア半島に核兵器を配備する権利を持つとしている。

 プーチン氏はさらに、新たな軍拡競争には巻き込まれないとしながらも、2020年までに70%の武器を最新で最高性能のものに置き換わると述べた。

 RIA通信によると、アントノフ国防次官は同じフォーラムで「北大西洋条約機構(NATO)加盟国が、われわれを軍拡競争に駆り立てているようだ」と述べた。

 ロシア軍幹部は15日、米国がロシアと国境を接しているNATO諸国に戦車や重火器の配備を計画していることに対し、冷戦終結以降で最も攻撃的な一歩だと反発していた。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OW2GE20150617

事務所よりご案内