2015/05/27 11:40

《EU大統領、中国の南シナ海岩礁埋め立てを批判》
2015.05.27 読売新聞

 【ブリュッセル=三好益史】欧州連合(EU)のトゥスク欧州理事会常任議長(EU大統領)とユンカー欧州委員長は26日、読売新聞などとのインタビューに応じた。

 中国が南シナ海で岩礁の埋め立てなどを進めていることについて、トゥスク氏は「海上での建設行動がこの地域の問題解決をより難しくする」と批判し、29日に東京で開く日本とEUの定期首脳協議で議題に挙げる考えを表明した。

 トゥスク氏は「対立するすべての参加者は、軍事的圧力や実力行使なしに解決を図らなければならない」と指摘。安倍首相との会談後に公表する共同声明でも、「一方的行動を控える必要性」に言及し、中国をけん制する見通しだ。

 また、「だれが相手でも我々の立場は同じだ。東京でも中国でも同じ見解を繰り返す」とも述べ、今後予定されている中国との首脳会談でも、南シナ海の問題について直接懸念を伝える姿勢を見せた。

www.yomiuri.co.jp/world/20150527-OYT1T50045.html

事務所よりご案内