2015/01/27 1:21

事務所よりご案内



ロシアの「閉鎖都市」。ロシア人訪問者も訪問許可が必要とされ、特に外国人は特別な許可がない限り立ち入ることのできない都市。ロシアは、今でも閉鎖都市が数多く存在し、現在でも40から50の閉鎖都市、あるいは確認されていない都市がある、閉鎖都市の多くが「核開発」に関わることが多い、とのこと。

《氷点下40度の中での停電で、すべてが凍りついたシベリアの閉鎖都市で起きている非常事態》
2015.01.25 来たるべき地球のかたち

■ ロシアの閉鎖都市ドゥディンカで起きていること

シベリアのクラスノヤルスク地方に、ドゥディンカという町があります。ドゥディンカ – Wikipedia によりますと、人口 2万5000人ほどの小さな町なのですが、

2001年10月より閉鎖都市に指定され、外国人観光客の訪問が規制されており、ロシア人訪問者も訪問許可が必要となっている。

この「閉鎖都市」というのは、特に外国人は特別な許可がない限り立ち入ることのできない都市のことで、ロシアは、今でも閉鎖都市が多く存在しています。 現在でも 40から 50の閉鎖都市、あるいは、確認されていない都市があるとのこと。

閉鎖都市の多くが「核開発」に関わることが多いですので、このドゥディンカも、いろいろといわくある都市なのかもしれません。

それはともかく、そのドゥディンカで、「氷点下 40度の中で、停電が発生し、住民たちが暖房のない状態で過ごしている」ことが明らかになりました。

通常マイナス 4~5度の気温の場所らしいのですが、1月中旬から、「マイナス 40度」という桁外れの寒気が流れ込み、非常事態が宣言され、しかも、電力線が崩壊して、停電となったのです。

普通でしたら、ロシアの非常事態省などが支援にあたり、すぐに報道されるような出来事ですが、このことが公になったのは、地元住民のツイッターでの投稿によるものでした。

冒頭のツイッターが、その住民による投稿ですが、それによると、当局から「今起きている出来事について、ソーシャルネットワークなどに書き込まないように」と通達があったようで、やはり、閉鎖都市で停電が起きたということが公になるのは問題があることのようです。

(以下略)

http://119110.seesaa.net/