2015/01/08 2:33

「飛行中に停止したエンジンを再始動する方法が試験で見つかり、安全性を高めるのに有効と判断、実用化に向け検証を続けることになった」。

《ステルス実証機が納入遅れ 三菱重工、初飛行も延期》
2015.01.07 産経新聞

 国産初のステルス戦闘機開発に向けて、防衛省の発注を受け三菱重工業を中心に製造している試作機「先進技術実証機」の機体納入が、3月の期限に遅れる見通しであることが6日、政府関係者への取材で分かった。

 飛行中に停止したエンジンを再始動する方法が試験で見つかり、安全性を高めるのに有効と判断、実用化に向け検証を続けることになった。納入の前提となる初飛行は延期される。実証機製造の総経費は392億円の予定だが、今回の遅れで増えることが確実だ。

 防衛省は近く三菱重工側と新たな納入期限などを協議する方針。三菱重工は取材に「コメントする立場になく、回答を控えたい」としている。

 防衛省によると、機体の製造は国内の複数の防衛産業が参加し、2009年度に始まった。機体の組み上げは終わり、愛知県豊山町にある三菱重工の工場で各機能の試験中。全長14・2メートル、全幅9・1メートル、全高4・5メートルで、レーダーに映りにくい炭素繊維の電波吸収材を用い、ステルス性能を備えているのが特長だ。

http://www.sankei.com/economy/news/150107/ecn1501070036-n1.html

事務所よりご案内