2015/01/07 3:04

《「未成年の宗教活動禁止」中国新疆で新条例》
2015.01.06 産経新聞

 中国新疆ウイグル自治区で今月から宗教活動の管理を強化した新たな「宗教事務条例」が施行された。中国メディアが6日までに伝えた。同自治区の公式ニュースサイト「天山網」に掲載された条例には「未成年者は宗教活動に参加してはならない」と明記されている。

 同自治区ではウイグル族が絡む暴力事件が多発。共産党はイスラム過激思想の影響を受けているとみており、新条例により過激思想の浸透を防ぎたい考え。だが、過度の締め付け強化はウイグル族の反発を招く可能性もある。

 条例は、住民には「信仰の自由があるし、宗教を信仰しない自由もある」と規定。その上で「宗教を利用して国家を分裂させたり、過激思想を広めたり、民族間の敵意をあおったりしてはならない」などとしている。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/150106/wor1501060061-n1.html

事務所よりご案内