2014/12/26 19:34

「捕虜たちは焼かれ、人体実験で殺され、人食いの風習で生きたまま食べられた」などと虚偽のストーリーが「真実」として記述された「アンブロークン」という小説を映像化したアンジェリーナ・ジョリーの反日映画が公開。日本政府は何か対応したのでしょうか。

《アンジー監督作「残虐日本兵」映画『アンブロークン』、米などで公開》
2014.12.26 産経新聞
http://www.sankei.com/world/news/141226/wor1412260029-n1.html

(関連)
《アンジーの「反日映画」を見た 「日本軍の残虐さ」は?》
2014.12.22 産経新聞
http://www.sankei.com/column/news/141222/clm1412220006-n1.html

事務所よりご案内